2004年 12月 03日
おー ケーリー うぉうぉお~!
東京のMFケリーが、チームを去る。



そりゃ、ケリー以外の攻撃的MF連中、あのガキどもに才能あるのは分かる。期待もしてる。でも、まだ十分には成長してねえぞ…、原監督…。ケリー自身、ケガもあったし…。もう少し東京にいて欲しかった。

持ちすぎるし、横に横にドリブルしたりとオイオイ! ってなシーンも多かったけど、ケリーは何度も決定的な仕事をしてくれた。

トーチュウによると、東京はケリー以外の選手とは全員と契約更新するらしい。でも、来年の東京は随分と違って見えるだろうな。

おー ケーリー うぉうぉお~!
 おー ケーリー うぉうぉお~!
  おー ケーリー うぉうぉお~!
   おー ケーリー うぉうぉお~!


しかしなんだ。

「戦力外通告」って言い方、どうにかならないか。
チームに貢献してくれた選手がいなくなる、そんな重大な事を伝える言葉としては、あまりにも失礼な表現だ。今回のケリーの件でも、いくつかの報道でこの言葉が使われた。

本当に戦力にならないと判断されて、契約をしてもらえない選手の方が多いだろう。だが、Jリーグの場合、トレードなんてない(と思う)。今回のケリーもそうだが、まだ働ける選手が意見の食い違いからチームを離れるケースも多いだろう。そんな場合は軽々しく「戦力外通告」などと言うべきではない。「0円提示」なんて表現もあるが、マスコミは敢えて仰々しい言葉を使ってるように思えてならない。「契約しないと発表」ではダメなのか?

マスコミもちょっとは考えろよ、ヴォケが。
[PR]

by alouatta | 2004-12-03 00:19 | サッカー


<< 仕事中は薄着だ      ひまつぶしにゲーム >>