2004年 12月 11日
横浜F・マリノスが04年Jリーグチャンピオンになった。
F・マリノスと浦和レッズの対戦を観てきた。今季のJリーグ王者を決める試合。

J League ChampionShip FINAL 2nd leg。




1st legではF・マリノスが1-0で勝っている。さてこの試合はどうなるか。

a0035620_1155629.jpg
オレはF・マリノスのサポーターの知り合いに呼ばれて、所謂“出島”で観戦。ここから見た風景は、上の写真の通り。観客席は真っ赤だ。さすがレッズ。

コンコースでは警備員と本職の警官が横一列に交互に並び、レッズとF・マリノスの境界線を作っていた。

試合は、互角の展開だったと思う。点を獲りたいレッズ。突き放したいが、無理はしないF・マリノス。レッズの方が決定的なチャンスが多かったように見えたが、F・マリノスも坂田が前線で何度もチャンスを作っていた。

後半、残り時間15分。エメルソンの突破。
これを中西がファールで止めた。

おそらくは退場覚悟のハードチェック。

案の定、一発レッド。

残り時間は15分。守りきればチャンピオンは決まる。中西の判断は正しかったと、オレは思う。でも、浦和レッズに与えたFKの結果が…。

アレックスが決めた。

レッズ 1-0 F・マリノス。

2nd legはこのまま終了。この結果を受け、延長戦突入。

オレは、知り合いのF・マリサポの人達に、“経験”をもとに「大丈夫! レッズは10人相手には弱いから」(ナ杯決勝での東京も10人だった)、延長が終えてPK突入が決定すると、「大丈夫! レッズはPK戦弱いから!」(ナ杯決勝、東京はPK勝利)と強調w

結果、GK榎本達が2本も止めて、F・マリノス優勝。

知り合いの皆さんは大喜びしていた。

ただ、PKまで行って時間が遅くなったんで、皆さん慌てて帰っていったw

しかしなんだ。優勝するってのはホント大変だよなあ。

(暫定。多分、書き直す)
[PR]

by alouatta | 2004-12-11 23:55 | サッカー


<< やっべ      オレの生活にはビタミンが足りない >>