2004年 12月 25日
04年 天皇杯準決勝                   浦和レッズ 1-2 ジュビロ磐田
風邪は随分良くなったが、まだ咳が出る。今日は大人しく部屋ん中にいるか。

テレビ点けたら天皇杯準決勝やってた。長居でやってるガンバとヴェルディの試合。ガンバのサポ連中のchantが聞こえる。いいなあ。まだ自分が応援してるチームの試合があるのか。羨ましいなあ。

などと思っていたらウズウズしてきた。

午後2時20分。



よし! 行くか、国立霞ヶ丘!

どうせチケット持ってるし。東京が今日の準決まで勝ち進むと思って、事前に買っといたんだよな。バカだな、オレ。

バイク飛ばして大体15分か20分くらいで国立到着。3時のキックオフに間に合った。

どっち側に座るか悩んだ。だが、いくら節操のないオレでも、さすがに先週ブーイングかましたレッズ側に陣取るのはどうかと思って、今日はジュビロ側で観戦。

ジュビロサポに紛れ込むのは今回が初めてだ。応援の感想は…、えーっと…、黙秘します。

しかし、リーグ戦では低迷したジュビロだけど、今日はさすがだったな。ナ杯決勝の東京やCSのF・マリノスは、作戦きっちり立てて浦和を抑え込んだって印象が強かったけど、ジュビロはワリとフツーにいつものやり方で浦和の速い攻撃とわたりあってた感じ。練度が違うような気がした。あとあれだ、やっぱ西は良い選手だな。再認識した。

後半1-1になってからの磐田の攻撃は格好良かった。次々と後ろから選手が飛び出してきて、レッズの守備を崩していく。すげー。今の浦和相手にあそこまで出来るチームなんて、ほとんど無いだろ。さすがだ。

レッズはっつーと、攻撃陣が相変わらず敵にぶつかっていくようなドリブルでジュビロを脅かしていた。怖いって言えば怖いし、1対1の勝負に持ち込むのは凄いと思う。
だがなー、あのドリブル、潰してもせいぜいファール止まりだよ。よっぽどの事しなきゃ、カード喰らう事はない。大体、ボール持ってるレッズの選手がぶつかって来てんだし。
そろそろ対戦する相手も分かって来たんじゃねえか?
レッズでホントに怖いドリブルすんのは、かわしていこうとする永井と、エメルソンのスピードくらいだろ。今日はエメいなかったけど。

さて。

というわけで、中山が決勝点を決めてジュビロが勝った。貫禄勝ちって感じだったな。

「なっかやっま隊長ゴンゴール」とか「おーなかやま ふっふぅ~」ってのをすぐ側で聞けて良かった。

しかし寒かった。明日また風邪ぶり返したら、バカ丸出しだな。温かくして寝よう。

□□□□□□□□

04年12月25日 晴れ 国立霞ヶ丘競技場 天皇杯準決勝
浦和 1-2 磐田  観客数35,523
a0035620_22271273.jpg
[PR]

by alouatta | 2004-12-25 21:39 | サッカー


<< 仕事が好きなわけではない      久しぶりにグッタリした >>