2005年 03月 15日
バイク屋行ってきた
早起きしてバイク屋行ってきた。

とりあえず12ヶ月点検と、キャブと排気系を見てくれと言ってバイクを預けてきた。

バイク屋のあんちゃんは「古いねー、これ。そろそろなんじゃないの? ま、やっとくよ、うんうん」とか言ってきた。まあ、その通りだ。実際、去年1年で30万以上修理代がかかったポンコツだ。

でもさ、客を相手にその言い方はねえだろ。

このショップは、ウデは確かだと思う。バイクを預ければ、大抵は完璧に近い修理をしてくれる。一度は他の店が2ヶ月かけて直せなかった故障を、ほんの2日で直してくれた(つか原因をすぐ突き止めてくれた)。だからこそ残念。そりゃ、こっちはバイクを乗り倒すだけで、細かいところはロクに整備できない素人だ。バイク整備の力量という観点からすれば、職人であるショップのあんちゃんの方がオレなんかより遥かに立場は上だろう。

でもさ。しつこいけどオレ、客なんだけど。

客相手に丁寧な言葉を使うくらいの意識は持てないのか。

前からこんな調子なんだよなー、この店。随分前に修理を頼もうとしたら「あ~、ダメダメ。来週持ってきて。次の週末、ウチ、レースやるから」とか言いやがった。

なんかムカついた。

こんな店だから、深刻な故障の時以外は、接客がちゃんとしてるっつーか普通に応対してくれる他の店に持って行く。車検とかもね。

ウデは確かなショップだと思うんだけどなー。もうちょっと気ぃ遣えば、儲けが増えると思うんだけど。でもまあ、職人気質ってのもあるし。仕方ねえのかな。
[PR]

by alouatta | 2005-03-15 23:09 | バイク


<< つまんねえ      単なる移動手段ではないオートバイ >>