2005年 03月 27日
同じリズムじゃ飽きちまうよ
05年 ナビスコ杯予選リーグ
グループC 第2節
東京 0-0 大分トリニータ


10人相手に打てども打てどもシュート入らず。

どうしちまったんだ、オレの東京。

大分GK岡中のプレイスキックには笑わせてもらった。蹴っても蹴っても何故か右サイドに流て行き、サイドラインを割ることもしばしば。まあ、サイドに張る基点の選手(阿部か?)を狙って蹴ってたんだろうけど。



しかし、圧倒的に攻めてたとはいえ、こんなんじゃダメだろ、オレの東京。

単調。

今日は相手が比較的早い時間で10人になったから、攻め上がりの時にパス、パスと繋いでPAまで行ける。でも、ずーっと同じような攻撃。

中・短距離のパス交換オンリーで前に行くのはいいけど、それだけっつーのはダメだろ。確かに攻めの姿勢を貫いてたけど、同じような展開ばっかりで単調な事この上なし。

お前らいつからジュビロとかヴェルディの仲間になったんだ。このあいだまで前線にボーンってロング放り込んでばっかりだったのに、今度はパスオンリーかよ。

極端すぎるだろ。

攻め込んでてなかなかゴールを決められないんなら、DFがドリブルで攻めあがってくるとかさ(ボランチでも良いのだが、今日は相手が10人で引いていたので、今野も随分前気味のポジションだった)、攻撃にアクセントつけていかねえとダメじゃねえの? 攻めの形にこだわるのは良いんだけど、時々相手の意表を突くような事しねえと、あーゆー展開の時はゴールは生まれないと思う。とにかくドリブルっつーか1対1で勝負に行って、抜いていくシーンがほとんど見られないんだよなぁ。辛うじて石川がやってたけど。

リズムを変えられる選手が必要だ。去年は阿部がスーパーサブとしてその役割を担ってくれていたのだが…。

とにかく、引き分けという結果よりも、今日は内容で不完全燃焼。
あんだけ攻めてて何故ゴールが奪えない!?
まあ、枠に行ってたシュートがことごとく岡中に止められてたんだけどさ。

試合終了のホイッスルが鳴った直後、阿部吉郎コールが起こったのは当然だな。流れを変えてくれるからなあ。帰ってきてくれよ、阿部。

そういう意味では、やっぱ文丈をベンチに入れといた方がいいんじゃねえかなあ。どうよ、原監督? あんたの戦術通りにしかボールを運べない連中ばっかりだぜ? ゲームの流れを読んで、意表を突くプレイが出来る選手は、今、ウチには文丈しかいねえよ。あとは茂庭かなあ。今日みたいな展開の時は茂庭に意表を突くドリブル突破をしてもらいたいんだが。モニなら出来ると思うんだけどなあ。今日もちょっとはやってたけど。

ま、いいか。

攻めまくってたのに点が入らなかったせいか、ヘボいゲームに見えたな。試合後、G裏に挨拶にきた選手たちにブーイングする元気もなかったよ、オレは。かったりい。

今日は大分GK岡中のオモシロキックと、大分の4番、深谷の乱暴狼藉ぶりで楽しめたから良かったとしよう。

つか深谷、お前、まずいって。あんなプレイ続けてたらいつか殺されるぞ。


あ~、疲れた。寝よ。

□□□□□□□□
2005年 3月27日
ナビスコ杯C組 第2節
東京 0-0 大分トリニータ
天気:晴れ 主審・松村 観客数:14018
a0035620_1231314.jpg
[PR]

by alouatta | 2005-03-27 01:29 | サッカー


<< 受信してます      何してんだろうな、オレ >>