2005年 04月 10日
うっしゃ! 仇敵撃破!
酷い二日酔いと昨日負傷した左足が痛んだが、なんとかバイクを出して味素タ行って来た。



05年 J1 第4節
東京 1-0 ジュビロ磐田


東京が勝った。
やっと勝てた。



ようやくジュビロに勝った。

何故か磐田を苦手にしてた東京。最初の対戦で一回勝ったっきり。鹿島やF・マリノスには何度も勝ってるのに、磐田には一昨年くらいまではやられっぱなし。去年は互角に戦ったけど引き分けどまりだった。

だが、実を言うと今日は試合前から勝てるような気がしてた。

磐田は主力にお年寄りが多いのに、分不相応にもACLなんかに参加してて超過密日程。そして何よりオレたちのヨシカツが先発出場! ヨシカツはF・マリノス在籍時、アマラオにゴールをたくさんプレゼントしてくれたからなあ。

オレはいつも通り東京G裏に陣取っていたのだが、周りの連中も勝つ気満々。最初から気合いが入っていた。

試合が始まると、さすが磐田、パスを繋ぎまくり。ボール支配率ではかなりやられていたと思う。でも、全然怖くなかった。後ろで回してる時間の方が長いパス回しに脅威なんかあるワケがない。

で、磐田は中盤までなんとか繋ぐと、そこからポーンと崔龍洙に長めのパスを出してくる。だが、せっかく崔がポストで競り勝っても、2トップの片割れ・カレンくんが絡んでくるわけでもなく、後ろからMFが飛び出してくるわけでもない。

大丈夫だ、今日はいけるぞ、東京! と思ったのだが、石川が右から切れ込んでも、戸田が左から抜け出しても、なかなかゴールに辿り着けない。ルーカスが抑えられてたのかなあ。

何度か枠をとらえたシュートもあったが、ヨシカツに止められた。さすがは日本最高GK。もう「オレたちのヨシカツ」ではなくなってしまったのか。

明らかにウチ(東京)の方がデキが良かったが、得点が入らないまま時間が過ぎていく。磐田も後半途中から調子が上がってきていた。中盤での潰し合いが続く。

残り20分くらいのところだったと思うが、原監督が石川に代えて祐介を入れてきた。

「おいおい、大丈夫かよ、祐介で?」と最初は思ったのだが、オレの目には、この祐介が案外効いていたように見えた。

えらくガタイが良い祐介が最前線にいることで敵DFが引きつけられ、スペースが出来ていた。間違っているかもしれないが、オレの目にはそう見えた。

(帰宅後、東京officialで選手の身長・体重を調べてみたのだが、祐介は身長180cm。78kg。これは東京のフィールドプレイヤーの中でNo.1の体重。ガタイが良く見えるわけだ)

ともあれ、残り時間が少なくなる中、ちょっと流れが変わったか? と思っていたら、今野がやってくれました。左サイドを駆け上がって真ん中にパス。これを栗沢がズドーン!

ゴール! 決まった! 東京G裏沸騰!!

トーキョ~♪ ラララ ララ ラララ~♪
    ラララ ララ ラララ~♪ ラララ ララ ラララ~ トーキョー♪

もらった! この試合もらった! 終了間際、東京は磐田の猛攻にさらされたが、勝利を確信しながらコールを続けた東京G裏。穴沢さんが試合終了の笛を吹く。東京G裏、再沸騰!

やった! ずーっと勝てなかった相手に勝った! 試合が終わった後なのにモッシュが起きる。 あ~、気持ちいい~。

ふ~、疲れた。昨日やった打撲も痛かったし、声だしまくりでちょっと胃液吐きそうになったし。

でもまあ、勝ったからいいや。ふう。

しかしアレだな。

やっぱヨシカツはいいヤツだな。オレたちのイジクリのコールにも手を振って応えてくれたし。昔と変わらずナイスガイだ。

□□□□□□□□
2005年 4月10日 J1 第4節
味の素スタジアム
東京 1-0 ジュビロ磐田
主審:穴沢 天候:晴れ 観衆:32,049

a0035620_033178.jpg

(試合終了後にホームG裏側から撮影)
[PR]

by alouatta | 2005-04-10 23:58 | サッカー


<< 水曜日のJリーグ      蒲田行進曲 >>