2005年 04月 14日
6月ユーベで7月ボカ! って浮かれてる場合じゃねえぞ
東京の、Jリーグ中断期間の親善試合の日程が発表された。

一昨年レアルで去年がローマ。
今年は6月ユーベで7月ボカ。

すげー。豪華だ。

ユーベもいいが、ボカ・ジュニアーズってのが最高。

オレは以前、“ボカ・ジュニオールズ”ってスペイン語読みをしていたが、どうやら“ジュニアーズ”で間違いないらしい。クラブ設立当時に英国人の協力があったらしく、その影響があってクラブ名は英語になってるって話だ。なんて事を書くと、また間違ってたりするかもしれないので、話半分で読んどいてください。

いや、なんだ。そんな事で喜んでる場合じゃないぞ。

東京守備陣崩壊の危機

まず、加地・金沢のバックアップとして期待された藤田が壊れた。
次に加地が壊れた。

で、昨日、守備的ポジションならどこでも出来るベテラン・藤山がブッ壊れた。全治2~3ヶ月? 十字靱帯損傷って、金古とか山瀬の例を考えると、もっと長くかかるような気がするんだが…。トシを考えると、引退の二文字も浮かんでくる。フジにはなんとかゴールを記録してもらいたいんだが…。

昨日は、茂庭も壊れたみたいだ。まだどの程度のケガなのか伝わってきてないが…。

金沢はまだ大丈夫らしいが、いつ壊れてもおかしくないくらいの状態らしい。元気なのはジャーンだけみたいだ。


増嶋はU-20に借り出されちまうのかな。確か、前田もケガだったような…(違ったっけ?)。

つーことは…。

迫井と尾亦。

出てくるのか、迫井と尾亦!? 昔この二人に期待していたのを思い出すと、やたらと懐かしいっつーか、この二人の先発、もの凄え見たいんだけど。いや、結果は問わないっつー事で。

しかし、サポの間で「いつもの人たち」とまで称される加地・モニ・ジャーン・金沢。そして彼らの一角に何かあれば必ず出てきたフジ。

こうしてバタバタと壊れられると、改めて彼らの凄さが分かる。ずーっと鉄人的活躍だったもんなあ。

さて、オレは今週から来週まで、仕事が今月のヤマ場だ。土日関係ナシで働かなきゃなんねえ。つーても土曜は浦和戦。仕事サボって観に行こっと。

DFに名を連ねるメンバーが不安であり楽しみでもある。
クラッシャー山尾…、帰って来ねえかな…。
[PR]

by alouatta | 2005-04-14 23:21 | サッカー


<< ↓×1      水曜日のJリーグ >>