2005年 05月 08日
敗北より悲劇的な引き分け
2005年 J1 第11節
東京 3-3 大宮アルディージャ


まさかのロスタイムの失点。2点のリードを守り切れず、同点に追いつかれた東京。

まだ試合終了のホイッスルは鳴っていない。だが、東京の選手はピッチに倒れ込み、起きあがることができない。

「まだ終わってねえよ!」「立てよ! 立ってくれよ!」G裏から怒声が上がる。選手達がなんとか立ち上がり試合が再開された直後、タイムアップを告げる笛がなった。

6連敗していたチームが、久々に勝ち点を上げた。だが、すぐそこにあった勝利を手にすることが出来なかった。今日、東京が目指していたのは「勝ち点」ではなく「勝利」だったはずだ。

入場時、選手全員の名前が記された、まるで血判状のようなチラシが配られた。その真ん中には「絶対勝つ」の文字。そして、試合終了直前、ピッチに倒れ込んで起きあがれない選手達。



試合が終わった後、オレは去年観たひとつの試合を思い出した。

04年5月15日、J1の1stステージ。国立霞ヶ丘で行われた柏レイソル対鹿島アントラーズ。

柏レイソルは開幕2連勝を記録するも、その後ひとつの引き分けを挟んでの6連敗という成績でこの試合を迎えた。

そしてこの日の直前、レイソルの公式サイトにキャプテン下平選手のコメントが掲載された。不甲斐ない成績をファンに詫びるとともに、前節(※)の失点後のプレーに自信を示し、それを根拠に最後の一行には「(アントラーズに)絶対勝つ」という文字があった。
(※=この試合の前節、柏は東京と戦い1-2で敗れている。オレは当然こっちの試合も観ている)

実際、レイソルは前節の試合とは打って変わって、前線からも激しいチェックを行い、アントラーズの攻撃を悉く止めていた。なかなかの好ゲームだったが、試合は0-0で膠着したまま時間が過ぎていった。

オレは「勝つとか言っててスコアレスドローかよ。まあ、でも凄え頑張ったよなあ、レイソル」などと思っていたが、ロスタイムに、アントラーズのDF石川がレイソルゴールにシュートをたたき込んだ。

直後に試合終了の笛が鳴った。

前節よりも力を出し、走り回っていたレイソルの選手達はピッチに倒れ込んで暫く起きあがれなかった。

「絶対勝つ」と言った試合でまさかの敗戦。はいつくばる選手達。

今日の東京は引き分けたものの、あの日の柏とよく似ているように思う。

ちなみにその後、レイソルは2引き分け2敗と苦戦を続け、最終節で3ヶ月ぶりの勝利を上げるも、1stステージを15位で終了。その結果、柏の切り札と言われた生え抜きの池谷友良監督は2ndステージを前に辞任に追い込まれた。早野監督が就任したものの低迷が続き、年間最下位でシーズンを終え、入れ替え戦に回るハメに。

今年の東京も同じ轍を踏むのか…?

やべえ。書いてて鬱になってきた…。

今日、G裏側に一人遅れて挨拶に来た石川ナオは泣いてたし…。大見得切った手前、選手はガックリ来てるだろうなあ…。原さん擁護派のオレだが、もし、選手たちの心が折れてしまっているのなら、こんな事は言いたくないが、やはりカンフル剤=監督更迭以外打つ手はないように思う。

(´・ω・`)ショボーン

ま、祐介がゴール決めてくれたし。今野は相変わらず走り回ってるし。多分、来週には怪我人も何人か戻ってくるだろうし。きっと大丈夫だよ。

柏サポは去年、激しく自軍の選手達を罵倒しながらチームを鼓舞していたが(※)、東京サポは次の試合でもポジティブに応援すればいいと思う。
(※=批判ではないです。そういうやり方もアリだと思います)

明るい材料だけに目を向けて、次の試合を待つとするか。

行くぜ、市原臨海! 待ってろ、オシム!

□□□□□□□□
2005年 5月8日 J1 第11節
味の素スタジアム
東京 3-3 大宮アルディージャ
主審:松尾 天候:曇り 観衆:22,175

a0035620_21383266.jpg
[試合開始前、大宮側G裏にお邪魔して撮影。真ん中に「VIVA東京 たとえ敗れようとも」と書かれたダンマクが。]
[PR]

by alouatta | 2005-05-08 21:50 | サッカー


<< うあ~。風邪ひいた。      バイクにサドルバッグをくっつけた >>