2005年 05月 16日
『KING RAT』読了
イギリスの小説。

タイトル通り、ネズミの王様が出てくる話。

“あとがき”によると、「ダークでヒップなゴシックホラー」らしい。オレはバットマンとかスパイダーマンみたいな、アメコミのヒーローもんみたいに感じたけど。

実はこの本、クライマックス直前まで一気に読んだんだけど、そこでページをめくる手が止まった。そのまま半年ほど放っておいた。中盤までは興味が続いたけど、“最後の戦い”の前にほとんどネタが終わったような気がして「もういいや」って感じになった。

今回、一応最初から読み直して、ちゃんと最後まで読み切った。読み切って思ったのは、案の定最後はドタバタで終わっている。

ラスト1ページまで読ませるアイデアが足りなかったような感じ。

でも、オレの趣味からすると水準以上。面白かった、って言っていいだろ。途中までだけどw ヘンなものが読みたい人にはお薦め。
[PR]

by alouatta | 2005-05-16 22:28 |


<< ゾノ、おつかれ      今日のJリーグ雑感 >>