2005年 06月 07日
東京、軽く半殺しにされる
05年 親善試合
東京 1-4 ユベントス


a0035620_23223338.jpg
[前半、こっち側(ホームG裏)のゴールライン際に集まるカメラマンたち]

a0035620_2321276.jpg
[ハーフタイムになると、みんな逆側に行っちゃいました]

_| ̄|○



ヤツラガ ネガッテイタトオリノ テンカイ ダッタヨ…

東京G裏は最初、親善試合ならではのヌルい雰囲気だったんだけど、やっぱ応援してるチームが4点も取られたんだから凹みますわ。相手がどうとか関係ナシに。

チンチンにされたってヤツですか…。

前半は戸田のゴールで先制した事もあって、ひょっとして…ってな内容だったんだけど。やっぱ上手いわ、ユベントス。後半は完全にやられた。ほとんど前を向かせてもらえないもんな。2点取られてからの東京は、怖がってるような感じだったし。圧倒的にゲームを支配された。

まあ、この試合より週末のジェフ戦の方が大事だし。東京は運動量をセーブしてたのかもしれない(←負け惜しみ)。

ユーベは誰かがいい形でボールを持つと、3~4人がすぐ縦に速く動き出して、ピッチの横幅いっぱいを使って攻撃してくる。で、大きめのワンツーかなんかでポンポーンとDFの網を破ってくる。

東京もいい形でボール奪った時は何人かが前へ動き出す。でも、“縦”というより、ボール持ってる人の方に向かって斜めに走っていくケースが多いような気がする。自らスペースを塞いで、攻撃を難しくしてる感じ。そのせいかスピードも出ないし。石川一人で切れ込んでいく時だけなんじゃないか、東京のスピードに乗った攻撃ってのは。大きなサイドチェンジをするのは良いんだけど、逆サイの選手が素早く攻撃したり、簡単にボールを捌くかしないと、あんまり意味ないような気がする。

なんてのは東京のいつもの姿で、今日の相手がユーベだったからってワケじゃないんだけど。

しかし東京は選手層が薄いわ。戸田と祐介を先発で使ったら、もうFWいねえんだもん。交代枠が何人もあっても、なんつーかコレじゃあなあ…。

まあ良かったのは、

1.ようやく尾亦の試運転 → まあまあ使えるんじゃないかと思う
2.池上ってゆー若いのが見れた

くらいなもんかな。鈴木や、久々の浅利も出てきたし、なんか虫干しっつー感じ。

試合後、長々と勝利チームを讃えるセレモニーやってたんだけど、MVPにデルピエロが選ばれたっぽい(よく見てなかったから違うかもしれない)。オレはネドベドの方が良い動きしてたと思うんだけど。

しかし、会社を逃げるように抜け出してサッカー見に来て、こんだけ凹まされるっつーのはどうよw 前半1-0っつー展開でヌカ喜びしてたのが、試合後に逆に効いてきたな。あ~、疲れた。

□□□□□□□□
2005年 6月7日 親善試合
味の素スタジアム
東京 1-4 ユベントス
天候:晴れ 主審:吉田 観衆:35,102
[PR]

by alouatta | 2005-06-07 23:36 | サッカー


<< お祭り      東京、波に乗れず >>