2005年 06月 08日
お祭り
国立霞ヶ丘競技場。パブリック・ビューイング。

今日も上手いこと会社を抜け出せたんで、行ってきた。
a0035620_23324310.jpg
代表がW杯出場を決めるかもしれない試合。せっかくだから、人がいっぱいいる所で見たくなった。お祭りだ。

仕事をすっ飛ばして来たとはいえ、ギリギリまで働いていた。おかげで、かなり遅れて霞ヶ丘に到着。試合開始から20分近く経っていた。声を出している中心部に行きたかったのだが、警備員に満席と言われ、空いている端の方で画面を見ることになった。

前半はジリジリしたが、後半に入るとなんだか安心して見ていられた。だいたい、引き分けでも良い試合だ。無茶に前がかりにならない日本代表。落ち着いている。後半が始まって5分もすると、勝てるかどうかはともかく、今日でドイツへの切符を取れるような気がしていた。

柳沢、大黒。北朝鮮選手へのレッドカード。リプレイに映される田中マコのチョイ報復w

2-0で日本が勝利。やったなあ、代表。よかったな、加地。

でも正直言うと、アジア枠が増えたせいか、'94年米国大会予選、'98年仏国大会予選のような焦燥感がまったく味わえなかったのが残念っつーか物足りないっつーか。ジョホールバルの試合を見終わった後の放心状態、あれは無上の快感だったからなあ。まあ、ジリジリとかしない方が良いんだろうけど。

北朝鮮チームは、真っ直ぐ過ぎるな。国際経験が無いっつーかさ。サッカーの試合ってのは、強い忍耐力と小狡さが必要なのに、感情をむき出しにして戦ってくる。南米のどっかの代表と試合したら、多分4枚くらいレッドカード喰らうんじゃないだろうか。そのくらい、ナイーブな連中だと思った。日本も小狡さは足りないけどw、所詮は負ける相手じゃなかった。

さて。どうやら我らが代表はドイツへの一番切符をゲットしたらしい。

そろそろチーム編成を変えてもいいんじゃねえのか、JFA。神様はミッションを完遂したよ。もう、雲の上の存在ではない、選手に言葉で考え方を伝えられる人間にバトンを預けるべきなんじゃないか。選手が宿舎で戦術を考えるなんて、オレはどうかと思うよ。

ま、今日は祝杯を飲んで寝るとするか。飲み過ぎ注意だ。
[PR]

by alouatta | 2005-06-08 23:59 | サッカー


<< そろそろ梅雨だな      東京、軽く半殺しにされる >>