2005年 06月 11日
赤嶺初登場も逆転負け
05年 ナビスコ杯予選リーグ
グループC 第6節
ジェフ千葉 3-2 東京


試合終了後、東京の選手達がアウェイ側ゴール裏に挨拶に来た。

初めて生で見る新戦力・赤峰は、無精ヒゲを生やしていたせいかプロレスの川田に似ているような気がした。



なんて事はどうでもいい。

前半を2-0で終えた時は、ひょっとして奇跡の決勝トーナメント進出もあるんじゃねえか? などと期待してしまった。

だが、終わってみれば2点のリードを逆転されての敗戦。2点差は危険なスコアと良く言われるが、ホント、その通りの展開だよな、と受け止めるしかない。

しかし、小細工せずに相手に真っ直ぐぶつかって行くのが原東京のスタイルとはいえ、同じ相手に短期間に何度も負けるってのはどうなんだ。相手がオシム千葉だからしょーがねえとは、オレには思えない。前半は攻め込むシーンが多く、実際2ゴールを上げてくれたが、後半は東京のストロングポイントとされるサイド攻撃を完封されてしまった。サイドの選手がボールを持って上がっても、ジェフの選手が2~3人寄ってきてスピードを殺され、パスコースを塞がれた。

サイドだけでなく、真ん中から相手を崩していかないとダメなんじゃないか。憂太、なんとかたのむわ。今いないけど、梶山も。

せっかく赤嶺っつー新戦力を出したものの、ロングのポスト役をやらせるだけで、東京のMF陣は彼に効果的なパスを出してやれなかった。今日の所、赤嶺のチカラを推し量る材料はあんまりないな。ま、ポストはやや難があるってのは分かった。

と言うわけで、今日も勝てなかった東京だが、オレは以下の3点を評価したい。

1.
祐介がドリブルで真ん中を駆け上がっていった。敵に囲まれて、結局シュートには持ち込めなかったが、アレは必要。東京全体に言える事だが、パスだけじゃダメだ。あーゆー強引なのも時々やんないと。これからも頼むわ、何度も何度も。是非。

2.
最近の茂庭は良く前に行く。今日もオフサイド判定となったが、“幻の3点目”を決めてくれた。そーなんだよ、たまには後ろから崩すような事もしなきゃな。頼むぞ、モニ。代表にも選ばれたんだし。

3.
戸田が、倒れ込んだ千葉のDFストヤノフに「早く起きろよ、このヴォケが!」とばかりに詰め寄って、ジェフの選手に止められていたシーンは良かった。案外武闘派なんだなあ、戸田。気に入ったぞ。

とはいえなあ…。リーグ戦で勝てるのかね、今の東京は? オレは危機的状況だと思ってる。ヘタすっと、マジ降格しかねない。まあ、そーなってもオレは付いていくけどさ。

でも、なんらか打てる手があるんならやっといて欲しいなあ。

□□□□□□□□
2005年 6月11日 ナビスコ杯予選リーグ 第6節
市原臨海競技場
ジェフ千葉 3-2 東京
天候:晴れのち曇り時々雨 主審:西村 観衆:6,539
a0035620_2230789.jpg
[試合終了後、帰り際にケータイで撮影]
[PR]

by alouatta | 2005-06-11 23:28 | サッカー


<< 火曜はユーベで日曜バルサ      そろそろ梅雨だな >>