2005年 07月 02日
いつになったら味素タで勝てるんだよ
2005年 J1 第13節
東京 2-2 セレッソ大阪


a0035620_0385076.jpg点が入る気がしなかった展開だったが、後半に入ると戸田がヘッドで押し込んだ。その直後に祐介に代わってルーカスが入ると、途端にリズムが良くなった。

ルーカスのゴールが決まると、G裏は沸騰した。2-0。観戦仲間のオッサンどもとハイタッチ。オレの後ろにいたコゾーが、ビールを撒き散らして喜んでいた。酒臭くなった髪をタオルマフラーで拭きながら、今日はイケる、勝てる、そう思っていた。

だが、そこから全員の足が止まる。蒸し暑さが影響したのか? 文丈から浅利への交代が裏目に出たのか? 途中に投入されたセレッソの若手が良かったのか? ともあれセレッソが攻め込み、東京はズルズルと退く。リスタートの場面でもなかなか押し上げる事ができない。

オレは「怖がるなっ!」と、何度か叫んだ。いや、選手は単に暑さにやられていただけかもしれない。

PKで1点差に迫られた。

ロスタイムが3分と表示されると、オレは周りのオッサンどもと「長すぎる~w」「ウチにはキツいな~」と冗談を言っていたが、コレがシャレでは済まなかった。

ホントにやられた。

危険な位置でFKを与え、これをセレッソのゼ・カルロスがズドーン。

マジかよ。またロスタイムの失点かよ。勝てたゲームじゃねえか。いつになったら味素タで勝ってくれるんだよ。こんなんなら、霞ヶ丘でゲームやって厄落としした方がいいんじゃねえか? こんなゲームやってたら、ササも帰っちまうぞ。

いや、愚痴言ってもしょーがねえな。昨日の日記でオレ自身、セレッソには引き分けるかもって書いたし。

まあ、2失点はPKにFKだ。スペシャルレフェリーの上川さんの判定だから間違いないんだろう。崩されての失点じゃない。

しかし、これで水曜の等々力には行かざるを得なくなったな。

オレは東京の勝利に飢えてるんだ。
オレの目の前で勝つ東京を早く見たいんだ。

なんとか会社を抜け出す口実を作っておかないと。

□□□□□□□□
2005年 7月2日 J1 第13節
味の素スタジアム
東京 2-2 セレッソ大阪
主審:上川SR 天候:晴れ 観衆:20,555
[PR]

by alouatta | 2005-07-02 23:55 | サッカー


<< なんだか疲れ果てて      トーキョーpositive >>