2005年 07月 06日
ガス充満
2005年 J1 第14節
川崎フロンターレ 0-0 東京


会社を抜け出すのが遅くなった。武蔵小杉から競技場までの直通バスを降りると、スタジアムからサポーターの声が聞こえる。

「トーキョッ! トーキョッ!」



このコールが出る時は、5回に3回はピンチの時だ。東京が劣勢なのか? 足を早める。ちくしょう。雨が降るかもしれないと思って、今日はバイクを使わなかった。失敗だ。

フロンターレと久々に等々力での試合。懐かしさを感じるかと思ったが、今のウチの成績を考えたら感傷に浸るヒマなんかない。とにかく、東京の勝ちが欲しい。

そんな事を考えながら早足で13番ゲートから入場、アウェイ側G裏に到着したのは、試合開始から20分が過ぎた頃だった。

今日も大声でコールしてきた。東京は悪くなかったと思う。攻めていたし、戦っていたと思う。でも、後半相手が一人少なくなってもゴールを決められなかった。

あれだけチャンスが作れたんだから、連携が悪いってワケじゃないと思う。要はフィニッシュだ。今日も「シュート打て」コールが出ていたが、やはり手数をかけすぎる場面が多かったように思う。たまにはスピードに乗ったカウンターができないもんかな。

フロンターレに押し込まれている時間も多かったし、そこからボールを奪うシーンもあったんだけど、鋭いカウンターに持ち込めない。大熊さんの時は、カウンターオンリーだったのになあ。形に捕らわれ過ぎているのかな。素人考えだけど、大分の外人二人だけのカウンターとか見ると、あーゆーのも練習しといた方がいいと思ったりする。

ともあれ、今日も引き分けた。また勝てなかった。ダービーの前に1勝挙げて、ファンのガス抜きをしといて欲しかったんだけど。

週末の相手こそ、どん底の状態だ。だが、これまで東京はどん底の相手を立ち直らせるような試合を何度もしている。

週末は気合いを入れていくよ。ちょっと結果が怖いけど。a0035620_0361971.jpg

まあ、なんとかなるだろ。つか、なんとかしてくれ、石川! 祐介! 戸田! ルーカス! 今野! 栗沢! 文丈! 土肥! 茂庭! ジャーン! 金沢! 梶山! ノリヲ!

頼むぞ、東京!

加地も頼む。ホント頼む。東京を助けてくれ。

□□□□□□□□
2005年 7月7日 J1 第14節
等々力陸上競技場
川崎フロンターレ 0-0 東京
主審:岡田 天候:曇り 観衆:13,118
[PR]

by alouatta | 2005-07-06 23:59 | サッカー


<< ボトルネック      なんだか疲れ果てて >>