2005年 07月 23日
微妙だな、東京
05年 J1 第18節
東京 1-1 ヴィッセル神戸


今日は休日出勤。終電まで仕事しなきゃなんないトコなんだが、なんとか試合の時間は会社を抜け出す事が出来た。

今日、東京は震度5強の地震に見舞われて、鉄道各線が運休。客足はかなり鈍ったと思う。オレも会社から電車で行ってたら、2~3駅の距離だが、かなりの混雑に巻き込まれていたかもしれない。でも、オレはバイクを使ったから大丈夫だった。とはいえ、仕事を中断してからスタジアムに行ったんで、結構到着が遅れた。

後半から見れればいいやと思っていたが、地震で試合開始が30分遅れていた。スタジアムに着いてG裏に潜り込んだのは、試合開始から5分ほど過ぎたところ。こんなに早くから観れるとは思ってなかった。

今日も大声で応援してきた。

しかしなんだ。



チャンピオンには4-0で勝って、今最下位のチームに1-1か。先制されて追いついただけ。神戸は自陣に引きこもるってより、マン・マークで徹底して守備してた感じだった。実際、攻められてる時間もけっこうあったし。失点シーンは見ていたが、実はその前のプレイを見逃している。神戸FW栗原が何故あんなに綺麗に抜け出せたのか? 見てなかったから分からない。確か神戸GKのリスタートからの展開だったと思うのだが…。隣にいた観戦仲間のおっさんも見逃していて、どういう状況かまったく分からない。でも、何か重大なミスがなければアレは起きないだろ。どんな展開だったのかなあ…。誰か見てた人いたら教えてください。

後半途中からは東京が圧倒的に攻めまくっていたが、逆転できなかった。もう少し相手の守備を引き剥がすような動きが欲しかったなぁ。今日の感想は「来週もリーグ戦があるなら、先発から憂太と規郎で行ってくれよ!」ってトコかな。規郎は何かしてくれそうで、申し訳ないが、オレとしては石川より期待できる。つかワクワク感が石川より上みたいな。憂太も、守備に問題あるから先発じゃないんだろうけど、あの攻撃力はやっぱ魅力だ。

これで、7月シリーズは無敗。2勝4引き分け。一時期の最悪な状態からは抜け出せたんだろうが、まだ安心できない。これでまた中断期間に入るが、ササを加えた布陣でなんとか立て直してほしい。

東京大逆襲。

たのむぜ、ハラヒロミ。
a0035620_2133782.jpg
[写真はハーフタイム時]

□□□□□□□□
2005年 7月23日 J1 第18節
国立霞ヶ丘
東京 1-1 ヴィッセル神戸
主審:太田 天候:曇り 観衆:18,258人

[PR]

by alouatta | 2005-07-23 23:55 | サッカー


<< 今日も休日出勤だった      ↓×2 >>