2005年 07月 28日
コシのない蕎麦みたいな…
05年 親善試合
東京 0-4 バイエルン・ミュンヘン


a0035620_23251232.jpg




ドイツからのお客様をちゃんとおもてなしできなかった。

代表と怪我人で主力がごっそりいない東京。戦う意欲も欠けていたように感じた。

せめてトップチームだったらなあ。スコアは同じでも、もう少し歯ごたえのある料理をバイエルンに楽しんでもらえたかもしれない。東京の若い連中の、淡白で凡ミス多発のプレイには正直ガッカリした。後半途中からは応援する気も失せた。残念だ。

惨敗。

とはいえボクシングに例えれば、ポッと出のフライ級の選手がライト・ヘビーかクルーザー級のチャンピオンと戦ったようなもんだから、この内容は仕方ないと思う。

イラン代表のカリミがよかった。マカーイとかバラックとかも良かったんだろうけど、なんかかなり簡単にやられたから、トラップくらいしか印象に残らなかった。無念。

カーンの野郎が休んでやがったのが、正直ちょっとハラ立った。

ま、久々に大志の出場ゲームを観れたのは良かった。オレにとって、’99年の天皇杯だっと思うんだけど、初芝橋本高校と西が丘でやった試合以来だ。あの時は交代出場で、大志はピッチ脇でプレイが切れるのを副審と待ってたんだけど、なかなかプレイが切れずに、G裏の連中と一緒に、「一旦切れ! 一旦切れ!」と騒いでいたのを思い出した。

今日も暑かった。

次はアウェイのレッズ戦か。チケット買い忘れないようにしないとな。

a0035620_61984.jpg
[試合終了後、バイエルンの選手はホーム側G裏にも挨拶に来てくれた]

a0035620_6212578.jpg
[変なネズミがいた。なにコイツ]

□□□□□□□□
2005年 7月28日 親善試合
味の素スタジアム
東京 0-4 バイエルン・ミュンヘン
主審:高山 天候:晴れ 観衆:23,618人

[PR]

by alouatta | 2005-07-28 23:35 | サッカー


<< 猥褻ではないポルノは存在しない      壊すのは簡単みたいだ >>