2005年 08月 20日
J1再開
05年 J1 第19節
浦和レッズ 2-1 東京


起き抜けからどうも具合が悪い。布団から起きあがる気がしない。だが、今日はJ1が再開する。東京はレッズとの試合だ。来週半ばにホームでの試合もあるが、これは仕事で行けそうにない。となれば、今日行くしかねえだろう。



なんとかバイクを出して、埼玉スタジアムに向かう。出発が遅れたから、アウェイ側G裏にたどり着いたのは試合直前。東京サポーターがユルネバを歌い始めた頃だ。

東京は開始5分で先制。ササがヘッドで決めた。その後5~6分、レッズが後ろの方で横パスを繰り返していたのを見て、今日は勝てると思った。

ところが、レッズは横パスを続けながらも東京の穴を探し、裏を狙った縦パスを繰り出してくる。大して速くもない縦パスだが、これが何度も東京の選手の間を抜け、レッズの前線の選手に通る。

東京はと言えば、まだ時間がたっぷり残っているのにもう1点を狙いに行かない。レッズの裏を狙ったパスが通り始めると、ズルズルと守備ラインを下げる。東京の真ん中はガラ空きで、中盤は完全にレッズが支配。ササは得点シーン以外、孤立。

ダメだ。やられる。時間の問題。試合開始直後の楽観的な希望的観測は、完全に消散した。

オレは、前半途中まではG裏で頑張って声を出していたが、体調が悪化してきた。咽せかえって吐き気を催す始末だ。これじゃマトモにコールが出来ねえ。このままじゃ、辺りの人に吐瀉物のシャワーを撒き散らしちまう。仕方ない。真ん中から端っこの方に移動して試合を観ることにした。

試合は、案の定レッズに逆転をくらった。オレの目には完敗に見えた。最後の方に東京が猛攻を見せてくれたが、あれはレッズの足が止まってたからなのか、それともササに代えて石川を入れ、4-5-1に戻したのが良かったのか。

試合後、選手達と原監督がオレたちアウェイサポーター側に挨拶に来た。G裏は一応拍手で選手達を迎えたが、ブーイングが出なかったのは主審の上川レフリーのおかげだろう。この試合は、自軍選手への失望より、上川さんの妙な笛に対する怒りの方が大きかったから。

a0035620_22391945.jpgレッズサポが歌うセイリングが流れる中、駐輪場に向かう。東京のスケジュールをケータイで確認してみる。ルイゾン名古屋、強豪磐田、苦手レイソル、清水、王者マリノス、大宮、広島…。7月シリーズは順位が下の方のチームとの対戦が多かったが、これからのカードは難しい相手が続くな…。大丈夫かよ、東京。ヘタすっとまた残留戦線に逆戻りしかねない。

帰り道、バイクの鞍上で何故か体調が回復して、猛烈に腹が減った。高円寺で塩ラーメンを食って帰ってきた。さいたまくんだりまで行って負け試合を観るのは本当に疲れるが、まあ、東京が好きだからしょうがねえな。

□□□□□□□□
2005年 8月20日 J1 第19節
埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-1 東京
主審:上川 天候:晴れ 観衆:44,400人

[PR]

by alouatta | 2005-08-20 23:55 | サッカー


<< 一日中寝ていた      なんだか足首が浮腫んでるような >>