2005年 08月 28日
ちょいロンツー
26日金曜日で今月の忙しい時期が終了した。

27日土曜、早起きして洗濯を済ませ、午前11時頃にバイクを出す。



目的地はヤマハスタジアム。19時ゲーム開始の磐田-東京戦がお目当てだ。

先ず、自宅近所のローソンで、当日券を買う。これで、スタジアムに着いてから当日券売り切れでしたみたいな、マヌケな事態を回避。前売り券を買わなかったのは、今日起きたときに体調が著しく悪い可能性もあったからだ。

大渋滞の環八から東名に入る。東名も大渋滞。ノロノロとしか動けない四輪車の間をすり抜けていく。間違っても路側帯は走らない。

横浜青葉を越えた辺りで、ようやく混雑を抜け、気持ちよく走れるようになった。

前を走るバイクに近づくと、東京の小旗をリアシートにくくりつけてるのが見えた。追いついて併走。オレが身に付けている東京のマークを指さしてみる。分かってくれたようで、左手を挙げてくれた。この人はどうやらゆっくり走るようだ。オレは左手を挙げ挨拶を返し、自分のペースで走るべくスロットルを開ける。“仲間”はミラーの中に消えていった。

a0035620_16414836.jpg静岡方面へ向かう時は、大抵、足柄SAで一旦休憩を取るのだが、今日は調子がいい。一気に裾野、沼津を越えていく。富士辺りで何かを踏んだ。ガツン! 結構な衝撃。まあバイクには影響はないだろうが、休憩を取る良いタイミングだ。由比PAでバイクを停める。

海を眺めながらタバコを1本吸ってから、タイヤを見てみる。特に問題はなさそうだ。しかし、バイクは大丈夫でも、晴天の中Tシャツでここまで走ってきたせいで、両腕が酷い日焼けだ。チリチリする。再出発の前に、サイドバッグから上着を取り出す。暑いがこれ以上の日焼けはかなわん。上着を着て再スタート。

東名に入る前に満タンにしておいたガソリンが、そろそろ尽きかけてきた。磐田ICまでもうすぐだが、牧ノ原SAで給油。ついでに休憩。飯を食う。鰻重。浜松まで足を伸ばして、本場でウナギを食おうかとも思ったが、なんとなく面倒くさいので、ここで我慢。

磐田で高速を降りれば、ヤマハスタジアムまではスグだ。15時半くらいに到着。早過ぎたような気もするが、すでにアウェイ側入場口には結構な行列が出来ている。

駐輪場にバイクを止め、スプレーボトルに入れた水道水をアタマ、顔に吹き付け、タオルで顔を拭う。ちょっとサッパリ。駐輪場横のセブンイレブンで飲み物を買う。客がもの凄く多くてやたらと時間がかかった。客が多すぎるせいか、冷房も効いてない。ウンザリ。

ここで、メガネをしていない事に気付く。さっき顔を拭った時に外して、バイクのシートに置きっぱなしだ。メガネを取り戻すべくコンビニを出て駐輪場に戻ると、途中で追い抜いた小旗をリアにくくりつけていたライダーがいた。しばらく話して、彼はコンビニへ、オレは行列に向かった。

a0035620_171399.jpg試合開始までは随分時間があるので、日陰でダラダラしながら時間を潰す。試合の方は別エントリーに書く。

引き分け試合を見届け、バイクで帰路につく。とはいえ、昨日まで仕事が忙しかったせいか、どうも疲れている。帰り道の途中にある実家に連絡を入れ、泊めさせて貰う事にした。

真夜中の東名。単調で寝てしまいそうになる。以前、東名でバイクを走らせながら、一瞬寝てしまった事がある。あの時は大丈夫だったが、次もまた無事とは限らない。眠気覚ましに、サッカーのchantを歌いまくる。東京のchantだけでは飽きたらず、フロンターレ、マリノス、レイソル、グランパス…、もうなんでもアリだ。

23時頃に実家にたどり着く。さっき連絡したばかりだと言うのに、親が大量の飯と酒を用意してくれていた。スパサカを見て、大酒を喰らって寝る。

翌28日、日曜日。昼頃起き出して実家を出発、箱根に行く。

ゆったりと曲がりくねった登りの峠道を楽しむつもりだったが、世の中甘くない。5~6回、もの凄い勢いで四輪車が後ろから迫って来て怖い思いをする。道が細くて、上手いことラインを譲れない。必死でコーナーを飛ばしてみるが、オレのバイクもオレ自身も直線番長なので、コーナリングは苦手だ。マジ怖い。パッシングすんなっつーの。芦ノ湖横から下り道はもの凄い渋滞。こんなトコ、来なきゃよかった。

箱根を抜け、下道で東京を目指すが、やっぱり疲れたので横浜で第三京浜に乗る。

午後4時頃、自宅に到着。

ひたすら疲れた。
[PR]

by alouatta | 2005-08-28 23:55 | 雑記


<< 減点2      前半からやってくれ、出来るんだから >>