2005年 11月 20日
ケリーを切ってまで求めた「成果」がようやく出てきた
05年 J1 第31節
東京 2-1 ジェフユナイテッド千葉


a0035620_183625.jpg
[気味の悪いパンダが来ていた]



わははははははははははははははははははははははははははははははははは。

ホンの2ヶ月前、レイソルに虐殺された時は本気で降格を心配した。

だが、今はどうだ。首位を下し、強豪を押さえ込み、魔法使いすら退けた。なんつーかもう正直言って

負ける気がしねえよ!

勝てるかどうかは分かりませんがw

ともあれ、結果が出てきたおかげで、ようやく若手の成長を確信できた。憂太、規郎、梶山。しっかりプレイ出来るレベルになってきてる。今野や吉朗、栗沢あたりの、前からしっかりしてた若手に追いついてきた。クラブがケリーを切ってまで求めたものが、シーズン終盤になってようやく結実した。そんな気がする。

こうなってくると、来年も原さんでいいんじゃねえか? 若手の力を引き上げてくれたんだ。このまま来年も任せようよ。

新しい監督を連れてきたって、どうせ未知数なんだから。

確かにあの超々低迷期には更迭すべきと思ったが、今、原さんを辞めさせるのは意味がない。つか、このチームを原さんから取り上げちゃうのは、なんだかかわいそうだ。

だが…。

今日、G裏に挨拶に来た原さんは、会心のゲームだったにも関わらず、なんだか凄く神妙な顔つきだった。やっぱり辞めちゃうのかなあ…。

ゲームを振り返ると、前半30分くらいまではまるっきり勝てる気がしなかった。というより、やられるのは時間の問題と思える展開。だが、藤山が左サイドでキレた動きを見せてリズムを作り、前半終了間際、ぜってーやられた! ってジェフのシュートを土肥がスーパー神セーブをした所から東京のペースになったと思う。ジェフは、なんというか、モチベーションが下がったら良いチームでもこんなもんなのか、って感じ。東京は最後まで猛攻を見せ、あと2点くらい取れそうだったが、規郎キャノンが目測誤り過ぎてたりで、G裏は爆笑が巻き起こっていた。

まあ、客観的に見ても、両軍攻撃的で、かなり面白いゲームだったんじゃないだろうか。

帰りに新宿に寄って、靴買って帰ってきた。

ふう。

疲れた。

a0035620_18464015.jpg
[結構多くのジェフサポが来てた。今後、ジェフサポが爆発的に増えそうな予感]

a0035620_18513384.jpg
[阿部吉朗ヒーローインタビュー。「全部勝ちます」]

□□□□□□□□
2005年 11月20日 J1 第31節
味の素スタジアム
東京 2-1 ジェフユナイテッド千葉
  主審:山西(普通) 天候:晴れ 観衆:25,933人
    得点:
    東京MF梶山(後半6分)

    千葉FWマリオ
    東京FW阿部吉朗(後半39分)

[PR]

by alouatta | 2005-11-20 18:54 | サッカー


<< 足が痛い      なごむ >>