2006年 01月 15日
豆腐と鶏肉とサッカー
ここ最近、水炊きにハマってる。簡単に出来るのがいい。

昆布と鰹節でダシ汁作る。

ダシが冷めるまで、腹筋だの腕立てだのスクワットだのやってみる。

汗がひいたら、ダシに鶏肉とエノキと豆腐とネギを投入、弱火であたためる。おっさんが一人で食うもんなので、アク取りとかしない。適度な時間、火にかけたら完成だ。

ダラダラと酒を飲み、ワリと旨い水炊きを食いながら、サッカー国内リーグの事を考えてみる。

【降格の柏、ヴェルディから、選手が大量脱出】
降格って怖ぇえなあ…、って事より、サッカー選手の契約って思ってたよりズルズルなんだなあ、みたいな感想を持ったりする。ウチも加地が引っこ抜かれたし。ズルズルってより、選手有利なルールって事なんだろうけど。
ともあれ、チームが危機感を持たずに選手と契約をしてたら、何かあった時にはチーム崩壊寸前まで選手を奪われていくんだな。怖ぇえ。

【愛媛がJ2に参入】
過去、参入チームで最下位になったのは、去年のザスパだけ。水戸とか横浜FCなんかは、参入後は9位くらいだった。
さて、愛媛はどんな戦いを見せてくれるのか。今年は幸い、W杯期間中にもJ2はやってるらしいし、去年に比べれば関東のJ2チームが増えてる。どっかで愛媛や、去年見れなかった徳島、草津なんかもみれるだろう。楽しみだ。

【浦和、ガンバが大補強】
いいじゃんいいじゃん。金があるならドンドンやってよ。こーゆーので、クラブの色分けも明確になるし。
とか思いつつも、一方で、なんでも欧州と同じ感じにしなくてもいいような気もする。リーグに戦力の均衡を促すルールがあってもいいかも。
しかし、資本力最強のアメリカンスポーツにドラフトみたいな戦力均衡ルールがあって、よりワールドワイドなサッカーにこの手の発想がないってのも、オレからすると不思議。金持ちの方が、マネーパワーがダイレクトに反映するルールになりそうな気がすんだけど。
まあ、サッカーは関わってるマーケット(=国)が、アメリカンスポーツに比べると格段に多いから、シンプルなルールにせざるを得ないってトコなのかね。

【大宮がプチ・ドリームチームを結成】
柏、ヴェルディから大量に選手を雇い入れたのが大宮アルディージャ。
一部で反感を買ってるみたいだけど、ま、いいんじゃね。あとはマシな外人連れて来れれば駒は揃うだろ。でも、三浦監督って堅実なサッカーするイメージあんだけど、選手が大幅に入れ替わるであろう今季、どんな采配すんのかね。興味アリアリ。

【ヴィッセル神戸、意外にも選手離脱はわずか】
三木谷マネーのおかげ? ゴタゴタがない所を見ると、案外、オーナーの本気度が他の降格2クラブと違うのかもしれない。ただ、これまでの経緯からすると、あさっての方向に向かっていく可能性も否定できねえけど。

【展望】
各チームが色々動いてて全然読めないけど、今、ボケーっと考えると、J1ではピチブー連れてきたサンフレッチェ広島が怖いな。大型補強よりピンポイントの方が効果があったりするし。

【東京】
加地が抜けて、ヘタすっと今野も抜けるかもしんない。ルーカスも多分いなくなる。大丈夫かよ?
分かんねーけど、けっこー大丈夫なんじゃね? なんか毎年こんな感じだったし。大丈夫大丈夫。また、例年通り、ネタクラブとして目立てるだろ。


ふい~。
水炊き食い終わった。旨かった。さて、寝よっと。はあ。グダグダ長く書いたなあw
[PR]

by alouatta | 2006-01-15 00:34 | サッカー


<< 06年 Jリーグとか日程 (暫定)      小野 レッズ復帰 >>