2006年 03月 18日
東京G裏、優しさ半減
06年 J1 第3節
東京 0-1 清水エスパルス


また負けたオレの東京。3節目にして早くも連敗。

試合後、東京側の観客席からブーイング。ゴール裏は勿論、バック側からも不満を訴える声が発せられた。

昨季中盤、随分長いこと勝てなくて、それでも声援を送り続けていた東京サポーター。あの期間に忍耐力が養われたと思ってたんだけどな。無敗が続いた昨季終盤戦で謙虚さが失われたようだ。

つーても、オレもブーイングしたけどw



しかしどーよ、今日の東京は?

前節の惨敗を受けて、オレはいつもより気合いを入れて声を出してたから、あんまり良くサッカーが見れなかった。それでも、パスを繋ごうとして前に出せず、出し手を探してるウチにかっさらわれるパターンが目立ったような気がする。

規郎と接触した清水MF枝村が杉山と交代になった直後は、やや東京のペースになったと思ったんだけど、どうも前線に上手く繋がらない。FWにボールが入っても詰められてシュートに持ち込めない感じ。で、G裏はまたも「シュート打て!!」コール。

後半失点してからは、縦への放り込みも多くなった。この辺りは前節の反省を踏まえての変化なんだろな。というか、ハラトーキョーの名残かな。ここからは、東京もペナルティーエリアに攻め込み、チャンスも作った。でも、決めきれない。

90分でシュート9本じゃなあ。点は入らねえよ。

阿部ちゃんに至ってはシュート1本。もっと出来ると思うんだけどな。オレが期待してる赤嶺も出てきたけど、あんまりボールにさわれなかった。ボールをもらおうとする動きは悪くないと思ったけど。

つかまあ、なんだ。勝手な推測なんだけどさ。

よく、Jリーグに来たばっかのブラジル人選手が、「日本のサッカーは速い」とか言うらしいじゃん? それって、スピードがある選手が多いって意味でも、プレミアみたいに攻守の切り替えが速いって意味でもなくて、ただ単にJリーグでは、とにかく忙(せわ)しなく選手が動き回るって事だと思う。

Jリーグに馴染むまでに時間がかかるブラジル人選手って、この忙しなさに戸惑ってんじゃないかな。

で、今の東京は、そんな日本のサッカーに監督が戸惑ってる状況なのかもしれない。選手が戸惑ってるより遙かにタチが悪いのは言うまでもない。

……。

みなさん、こりゃ時間がかかりそうですぜ。

早めに忍耐力、思い出しましょ


P.S.
神戸にレンタルで行ってる祐介が、早くも3得点をマーク。

ん~。

東京の日本人FW、意地見せろ!

a0035620_20385792.jpg
[こちらは3連勝を決めたエスパルスのみなさん]

□□□□□□□□
2006年 3月18日 J1 第3節
味の素スタジアム
東京 0-1 清水エスパルス
  主審:家本(止めすぎ) 天候:曇りで、風がちょい強くて寒かった
  観衆:19,011人
    得点:
    清水FWチョ・ジェジン(後半5分)

[PR]

by alouatta | 2006-03-18 20:49 | サッカー


<< no title      『COSMOPOLIS』 ドン... >>