2006年 04月 08日
what was the MESS?
06年 J1 第7節
東京 3-1 飯田産業


Jリーグ第7節、味の素スタジアム。



東京の今日の相手は、新規参入チーム・飯田産業FC。新参者の分際で、元日本代表の名波や昨年の新人王カレン・ロバートなど実力者を揃える好チームだ。

…。やべ。書いてて寒くなった。オチもつけられそうにない。ボケは苦手だ。やめとこう。

とういうわけで、味の素スタジアムに行って来た。

開門前、行列に並んでた時は大粒の雨は降るわもの凄い風が吹くわで、寒さに震えていたが、試合が始まる頃にはすっかり晴れ上がっていた。風は強めだったかな。

今日もG裏に陣取った。とはいえ前節、コールリーダーから飛び出した辞めろコールと、その後、東京サポーター達がネット上で見せた混乱ぶりがアタマん中にあった。この試合中に、オレの許容範囲を越えるネガティブな応援が繰り広げられるかもしれない。もしそんな事があったら、通い慣れたG裏から立ち去るつもりだった。

( ´,_ゝ`)プッ たかがサッカー観戦で、何マジになってんだオレw

だが、一切は杞憂。試合中、ネガティブなコールがでる事はなかった。つーか、コールリーダー連中もいつもより熱心に応援していたように思う。先週の「辞めろコール」とかネット上の騒ぎ、アレなんだったのw 心配して損した。

で、熱心な応援の甲斐あってか、強豪・飯田産業FCを相手に3-1の大勝利。ルーカスが「師匠」返上の2得点、栗沢も決めてくれた。G裏、沸き上がったわ、マジで。

今日もいつも通り大声出しながら見てたから内容は良く分かんねーけど、なんか楽勝っぽかった。前節、前々節に比べてパスミスも少なかったよーな。つか、飯田の方にミスが多かったなあ。どーしちゃったんだろ。カサにかかると、ショートパスを駆使して、後ろの選手がどんどん味方を追い越して波状攻撃を仕掛けてくるイメージがあったんだけど。なんでこんなになっちゃったの、飯田? 他人ごとながら心配だ。

はあ。ま、良かった良かった。勝利是最良薬。

これからも東京のサッカーが良くなっていけば…。バカげたネガ騒ぎはもう勘弁だ。


[飯田産業サポ。「一致団結→以心伝心」だそうです]



[ヒーローインタビューは栗沢。ルーカスの方が良かったんじゃ
ね? ま、ともあれ快勝! ホント良かったッス!!]

□□□□□□□□
2006年 4月8日 J1 第7節
味の素スタジアム
東京 3-1 飯田産業
  主審:吉田 天候:晴れ、強風
  観衆:24、214人
    得点:
    東京FWルーカス (前半22分)
    磐田MF村井   (前半25分)
    東京FWルーカス (前半42分)
    東京MF栗沢   (後半21分)

[PR]

by alouatta | 2006-04-08 22:51 | サッカー


<< 一歩進んで五歩下がる      最近調子がいいオレのバイク >>