2006年 04月 22日
「加地より徳永!」と本音で言える日はいつか
06年 J1 第9節
ガンバ大阪 1-0 東京


初めて万博に行ってみた。東京のアウェイゲーム。

試合開始前に、随分前からのネット知り合いでガンバサポのたえぴょんさんに挨拶してきた。

初対面だったが、昔たえぴょんさんがHPにupしていたチキアルセかマルセリーニョと一緒に撮った写真をなんとなく覚えていたんで、一発で分かった(あの頃より少し痩せたように見えましたが)。コテコテの関西弁は迫力があった。



つーわけで試合だ。

序盤から明らかにガンバの方が質が高かった。東京もなんとか凌いでいたが、35分にマグノがゴール。やられるのは時間の問題に見えてたから、どっちかっつーとこの時間までよく耐えたなあって感じ。

後半に入ると、加地さんと接触して壊れた栗沢に代わって赤嶺が登場、ルーカスがMFに下がってたな。

ここからは東京が積極的に攻めに行くシーンも多くなってきた。今日の赤嶺は、タテへの速さも少しはある所を見せてくれた。ゴール前での混戦でも身体張ってたし。

その後、小澤が公式戦初登場。下がったのは宮沢だったからフォメは4-3-3? 声出しに忙しくて確認してなかったんで良く分からん。

後半は、前半よりもゴール前に攻め上がれるようになった東京。だが、どうにもガンバを崩しきれない。つか、なかなかシュートに持ち込めない。サイドを駆け上がるのはいいんだけど、そこから時間がかかりすぎて、ゴール前に敵も味方もワラワラ。これじゃ「誰かなんとかたのむ」的な、クロスっつーより放り込みしか出来ないのもしょーがねえな。この辺は去年からあんま変わってないトコだ。

結局、その後、ガンバにも追加点はなく、東京も得点できずで試合は1-0で終了。

ん~。なんというかなあ。

正直言ってオレ、このサッカーに慣れてきた。見方によっては楽しめる。負けてる時のヤケクソっぽい感じが笑えていい

幸い、今オレは無職で時間が有り余ってる。せっかくだから暫くは行けるアウェイは全部行くか。

って、甲府戦のチケ、出遅れて買えなかったんだけどさ。


[案外、見やすいスタジアムだった]


[アウェイゴール裏側からは「太陽の塔」が
見えた。なんか動きだしそうで怖いw]

記:4月25日

□□□□□□□□
2006年 4月22日 J1 第8節
万博記念競技場
ガンバ大阪 1-0 東京
  主審:岡田 天候:曇り
  観衆:15、103人
    得点:
    ガンバFWマグノアウベス (35分)

[PR]

by alouatta | 2006-04-22 23:55 | サッカー


<< idiots' race      西へ >>