2006年 04月 29日
グダグダ対決
06年 J1 第10節
東京 2-1 名古屋グランパスエイト


東京、勝った! ルーカス2得点。 やったぜ!

パスが繋がり始めてる。繋いだパスで相手を釣って、スペースを作れるようになってきた。サイドを駆け上がってくる敵がいれば、一気に2~3人が行く手、パスコースを塞ぐ。

少しずつだが、向上の兆しが見えてきた…、と思う。



とか言いつつ実際の所、今日の勝利はグランパス様々だな。

正直、今のウチより悲惨なサッカーをする対戦相手って、今年初めてだwwwwっww

名古屋はタテポンかサイドを崩してのセンタリングで、相手ゴール前にボールを持ち込むサッカーに見えた。

でも、FWは玉田と杉本だろ。どっちも肩書きは「スピードスター」じゃねえか。タテポンがDFの裏まで流れるならともかく、大抵はウチのDFがキッチリボールに追い付く。右から左からセンタリングを上げて、スピード系FWにヘッドで競らせるって? 素人考えなんだけど、それって何か間違ってねーかw

ポストプレイヤーがいてこその戦い方だろ、それ。玉田と杉本であんなのやってもムリだって。

中盤でボール捌くのもほとんどボランチの所だし、真ん中ガラ空き。玉田が焦れて、下がってボールもらいにくる始末だから、攻撃の形が作れてなかった。

さすがに後半途中から目が覚めて、真ん中からゴリゴリ来るようになってたけど、遅すぎるってw

フェルフォーセン監督が出場停止だったから、あれが今の名古屋の持つ力のすべてではないんだろうけど、もしこのままならやべーぞ、名古屋。って、他人様んトコ心配してる余裕はウチにはねーんだけどwwwwwっw

で、東京はっつーと、前半早い時間に2点リードを奪ったせいか、後半は守備の集中力が落ちてなんだかグダグダだった。良くあれで勝てたなー。

試合終了間際、東京FW赤嶺が決定的二歩手前くらいのチャンスを2回くらいゲットしたにも関わらず、シュートではなくパスを選択。味素タの観客からはめっちゃデカい「シュート打て!」コールが出た。

でも、あの時間帯、多分赤嶺は軸足が十分に動かなかったんだと思う。足、引きずってたし、ロクに走れなかったし。あれじゃ、より確実性が高い選手にパスを回すのも理解できる。理解は出来るんだが……。

赤嶺に期待してるオレは、敢えて厳しく言っておく。

痛くても動かなくても、シュートチャンスが来たら、とにかく気合いで打て! それがフォワードだ。頑張れ、赤嶺。期待してる。って、こんなトコで何言っても伝わりゃしねーんだけどw

あと、あれだ。文丈が今季初出場。プレイ時間はほんの5分ほどだったけど、「シャー!」やってくれて楽しかったぞ。まだまだ出番来るよ、大丈夫。これからも頼むぞ、文丈!

ともあれ、グダグダ対決を制しての勝ち点3とはいえ、久々の勝利だからホント楽しい。
祝うほどの快勝ではないが、気分がいいから多めに酒飲んで寝よっと。

□□□□□□□□
2006年 4月29日 J1 第10節
味の素スタジアム
東京 2-1 名古屋グランパスエイト
  主審:高山 天候:曇り(ちょっと寒かった)
  観衆:22、188人
    得点:
    東京FWルーカス (14分)
    東京FWルーカス (17分)
    名古屋MF吉村  (88分)

[PR]

by alouatta | 2006-04-29 23:55 | サッカー


<< 天気がいいと眠くなる      すんげえ可愛いビール売りのねえ... >>