2006年 07月 08日
もう少し厳しくてもいいと思います
06年 J2 第26節
ヴェルディ1969 1-1 サガン鳥栖


国立行って来た。

ホントは葉っぱの試合、J2天王山を見に行くつもりだった。でも、起きたらすげー手とか痺れててやばかった。昨日、酒飲み過ぎ。

まともに身体が動くようになったのは夕方。というわけで、葉っぱは断念して近所でやるヴェルディと鳥栖の試合を観る事にした。

結果は引き分け。



鳥栖は勝ち点2を落としたな。

ヴェルディが良かったのは序盤だけ。海本・石川の両サイドバックの素早い上がりで、ピッチをワイドに使った攻撃を仕掛けてた。だけど、前半20分を越えたあたりから鳥栖がペースを握った。なんでかオレには分かんなかったけど。攻め上がりの裏でも突かれたのかね。

で、劣勢のヴェルディは、前半ロスタイムに萩村が一発レッドで退場。今村主審の存在感が際だつ一瞬だったな。

急遽フロンターレからヴェルディに入ったマルクスは、前半はなかなかボールに触れなかった。終盤はさすがにマルクスにボール集まってたけど、数的不利になってからじゃあな。もったいね。

後半スタートから鳥栖が猛攻。サイドから持ち上がってセンタリング、ショートパス、時には大きなサイドチェンジまで見せて突破を試みる。だが、なんつーか結局最後は中途半端な位置から大して速くもないセンタリング上げるだけだったから、悉くヴェルディの守備陣に弾き返される。

もっと深く抉ってマイナスの速いセンタリングを上げるとか、アーリー入れてFWを走らせるとか、あと、真ん中に切り込んで行くとかさ。せっかく攻め上がっても、なんか単調。同じやり方ばっかり。リズム変えた方がいいよ。もったいね。

鳥栖が決める所を決められずにいるうち、ズルズルと時間が経過。あの時間帯で鳥栖に点が入ってりゃ、ヴェルディは崩れてたかもしんない。そうこうする内に鳥栖の選手も疲れてきて脚が止まった。動けない。

こりゃスコアレスドローかね…と思ってたら、突如鳥栖の中盤底あたりからロングボール。迂闊に前に出ていたヴェルディGK高木の頭を越えてゴールに入るかと思われた。高木は辛うじてバックステップで戻りボールを前方へ掻き出す。だが、そこへ鳥栖FW鈴木孝明が詰めて冷静にゴール! 鳥栖先制。

あのロングボール、誰が蹴ったんだろ。オレは見てなかった。尹晶煥? わかんね。しかし、もったいねえ。なんの為にスタジアムに来てんだオレw

これで鳥栖の勝利かな~と思っていたが、ヴェルディはここから力を振り絞って反撃。これに心を動かされたのか、主審の今村さんが鳥栖DFのファールを取り、ヴェルディにPKを与えた。これをマルクスが蹴り込んで同点。あっち側でのプレイだったからどんな状況でPK判定となったのか分からなかったが、勝ち点1に相当するツキがヴェルディにあったって事だろうな。

しかし、鳥栖はもったいなかったなー。あんだけ攻め立てたのに勝ち点1。終盤、何度も目の前でパスミス、トラップミスを見せつけられた。こりゃブーイングだなと思ってたんだけど、スタンドに挨拶に来た選手に向かって鳥栖サポーターは大きな拍手。オレがいた場所からは、ブーイングは一つも聞こえなかった。

やさしいなあ。やさしすぎるよ、鳥栖サポ。

いや…。なんつーか…。ま、いいか。

ところで、鳥栖のベンチでヤケにアツいコーチがいたんだけど、誰? 真っ赤な帽子かぶってて、すげー目立ってたw


[ヴェルディのサポは、ダンマクを逆さまにして貼っていた。不甲斐ないチームへの抗議か]


[鳥栖サポのみなさん。真ん中辺りで掲げられていた“田舎魂”のゲーフラにちょっとウケる]


[首を傾げるシュナ潤。PK、方向は読めてたからなあ]

2006年 7月8日 J2 第26節
国立霞ヶ丘競技場
ヴェルディ1969 1-1 サガン鳥栖
  主審:今村(相変わらず神経質) 天候:曇り
  観衆:5,350人
    得点:
    鳥栖FW鈴木  (82分)
    ヴェMFマルクス(84分)

[PR]

by alouatta | 2006-07-08 23:55 | サッカー


<< W杯終わった      レッズとかマリノスとかグランパ... >>