2006年 07月 16日
19時からかと思ったら18時試合開始だった
06年 J2 第28節
湘南ベルマーレ 1-0 モンテディオ山形


♪みーどーりーとあおーの~
 ゆーしゃしょおなーん~♪

ベルマーレのフォーメーションが掲示されてたというわけで、すんげえ久しぶりに平塚競技場に来てみた。



ベルマーレとモンテディオの試合。

スタジアムにはホームチームのフォーメーションが貼ってあった。こーゆーのいいね。

モンテディオのサポーターのみなさん試合開始からしばらくはベルマーレが攻め込んでたけど、山形の方が良いサッカーしてたと思う。

山形は手堅いっつーか、フツーにストロングなサッカーを目指してるっつーか。今季序盤苦しんでたって聞いてたんだけど、悪くねえよ山形。センタリングとか強いパス出すし、ドリブルでゴリゴリ行くあたりは見応えあるわ。逃げのパスみたいなのがあんまり目立たなかった。これ続けてれば強くなんじゃねえのか。

ベルマーレのサポーターのみなさん湘南はPKを外したり、モンテディオのドリブルに苦しめられたけど、DFラインの裏をロングパスとサイド攻め上がりからのセンタリングで突いて、前の選手を走らせてた。後半、左SB尾亦からアーリー気味のクロスがでて、これをFW石原が決めて先制。

これが決勝点となってベルマーレが勝利。

ところで、ベンチスタートの湘南11番・フラビオが、前半開始直後からず─────っとアップしてたのが笑えた。ジッとしてるのが苦手なのか、控えが不服なのか。

後半、リードしてからフラビオ交代出場。1点を守ろうとするんじゃなくて、もう1点取りに行く為の起用とオレは考えたんだが、途中出場から5分もしないウチにベルマーレは守備固め。ボールを奪ってタテポン、フラビオが落としたら石原かアジエルがキープしてねってな感じになってた。

ま、でもフラビオ、バーを叩くシュートも放ってたし良かったんじゃね? おもろかったし。

で、前半から何度も左サイドを駆け上がってクロスを入れて、アシストも記録した尾亦がマン・オブ・ザ・マッチ。東京もんとしては、来てよかったなあっつー結果だった。

しかし、なんか良く分からんのだがちょっとベルマーレ気に入ったなあ、などと思いつつ、平塚を後にした。

06年07月16日、平塚競技場


2006年 7月17日 J2 第28節
平塚競技場
湘南ベルマーレ 1-0 モンテディオ山形
  主審:牧野(PKは厳しい判定だった)
  天候:曇り
  観衆:4,892人
    得点:
    湘南FW石原  (72分)

[PR]

by alouatta | 2006-07-16 23:55 | サッカー


<< J1再開      ヤビツ峠 >>