2006年 07月 23日
目標設定の失敗
06年 J1 第14節
東京 2-4 鹿島アントラーズ


夕陽をバックにたなびくフラッグなぜか長野県の松本で東京の試合。



負けたよ、東京。


点差ほど酷いゲーム内容じゃなかったし、選手は戦っていたと思う。

でも、
これで東京は公式戦6試合連続勝ち星ナシ。

この日の2トップは馬場と石川。本来FWのルーカスは1つ低いMFの位置。2点決めてくれたが、鹿島MF小笠原のマーカーまでやらされていた。頑張ってたけど、なんか気の毒だった。

決定力のあるササは力を発揮できずレンタルでアルゼンチンに行き、先発では本職のFWが相手のキーマンをマークし、前節の試合では馬場と石川の中盤選手二人が2トップを組んでいたという。今日の試合、ベンチには移籍選手の川口と外国人選手リチェーリのFW2枚が控えているが、本来このチームで活躍が期待される阿部、赤嶺、小澤の名前はない。

この日、東京が新たにブラジル人FWの獲得を模索しているという報道があった。

目先の勝ち星を求めての事だと思うが、いいよ、そんなの。もうここまでくれば残留でOK。大熊、原と、一応の積み上げはあったと思う。でも、ガーロで強豪の仲間入りをするプランは完全に放棄した方がいい。ガーロが適任ではなかったという意味でも、東京にはまだ強豪入りを目指せる力がなかったという意味でも。

監督の責任を問う声が多いが、オレの目にはガーロに監督を任せた点も含め、編成の失敗と映る。仮に優秀なFWが入ったとしても、今さら優勝など目指せるわけがない。いや、まさか今の時点で優勝とか言うバカはいないと思うけど。

もう、目標を完全に変更しよう。来年から3年計画くらいで育成。暫定監督は、代表に大熊さんを獲られちゃったから、とりあえず霜田さんあたりを据えて、フロントは今すぐ育成に定評がある監督候補のリストアップにかかる。

そのくらいドラスティックな事してくんないかな~。

アントラーズサポ
[アントラーズサポは相変わらず“ぅぉぉぉおおおおおっ!”ってやってた]

アルウィン
[アルウィンは、東京に持って帰りたいくらい良いスタジアムだった。肥料のニオイは勘弁してもらいたいがw]

2006年 7月23日 J1 第14節
松本平広域公園総合球技場
東京 2-4 鹿島アントラーズ
  主審:片山(判断が遅い)
  天候:晴れ
  観衆:17,070人
    得点:
    東京MFルーカス   (33分)
    鹿島MF小笠原  (44分)
    鹿島DF内田   (47分)
    東京MFルーカス   (59分)
    鹿島DF大岩   (74分)
    鹿島FWアレックス・ミネイロ(89分)


(7月24日修正。フォント斜体部加筆)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

関係ないが、この日もバイクで山に行ってからスタジアムを目指した。

最終的に国道153号を北上して松本に入る予定だった。

崩落現場が、道が先日の大雨で崩落していた。通行止め。

手前で警備員のあんちゃんが迂回路を教えてくれたが、いや、なんつーか時間的にギリなんスけど。困って地図を眺めていたら、さっきのあんちゃんが「修復工事現場の横に、すごい狭いけどバイクなら辛うじて通れるトコがある」と教えてくれた。


あんちゃん「自己責任ですけど行きます?」
オレ    「おけおけ」
あんちゃん「んじゃゲート開けますね」

ホント狭かった実際行ってみると狭い上に深い小川に転落しそうな場所だった。まあ、ホントギリギリだったけど、なんとか通れた。さんきゅーあんちゃん。

しかし、酷い雨だったんだろうなあ。

なんとか試合開始30分前に辿り着いたスタジアムでは、この雨でなくなった方への黙祷があった。オレもちゃんと目を瞑ったよ。思わず顔の前で手を合わせる所だったけど、よく考えたらちゃんとした黙祷のやり方しらねーや。調べとこ。

帰りは高速を使ったんだが、途中、ヘッドライトが突然切れた。パーキングエリアで玉を代えて事なきを得たが、そこに辿り着くまで真っ暗闇。伴走車を見つけるまで死の恐怖を味わった。マジこええ。
[PR]

by alouatta | 2006-07-23 15:51 | サッカー


<< もうすぐ8月      mission >>