2006年 07月 30日
オレはどっちかっつーとそのうち良いことあるだろとか思うタイプだ
06年 J1 第16節
東京 0-2 サンフレッチェ広島


今日は花火の日だった東京の負け試合を観てきた。

0-2。広島の勝利。

おととい、2つ前に勤めてた会社の部下で浦和サポのコゾーに「ルーカスだのみのクソチームですね」と言われた。そん時は、「うっせえな、潰してやんよ」と返したんだが、今日の内容見ると、もう言い返せないね、こりゃ。



いやあ、まいった。

2点リードされてからは前に人数をかけ、広島ゴール前に攻め込むシーンもあった。でも、シュートが弱くて押し込めなかったり、こぼれたボールに詰めてなかたり、茂庭が宇宙開発したり。「惜しい!」と思えるシーンも結構あったが、結局1点も返せなかった。

広島サポも遠い所から来てた。気合い入ってたのが感じられた返せなかったどころか、実際、完全に広島のゲーム。特に素早いカウンター喰らったワケでもないのにピンチの連続。守備が崩れてたな。まあ、森崎幸は良い選手だ、マジで。点取った佐藤寿人もよかったけど、森崎にもかなり脅威を感じたわ。

これで東京は、再開後1勝1分2敗7得点5失点。なにこのバランスの悪さ。

観戦仲間のおっさんは「ガーロは何がしたいのか分からない」と言ってた。そーかね? 今日、目の前で負けたからそう思っただけだろ。去年の悪い頃も似たような事言ってたよな、とか言うと、「あの時はサイドからの攻撃が魅力があって…」てな話が返ってくる。再開後の東京は、馬場んトコでキープしてサイドとか後ろが上がって攻撃するって感じじゃね? それが上手くいかないだけでさ。魅力云々はともかく、「何がしたいのか分からない」って事ぁねえだろ。いつもスタジアム来てんだし。

ガーロの問題はちょっと上手く行かないとすぐやり方を変えちゃう所だろうな。どっちみちスカウティングされちまうんだから、次のやり方もまた変えざるを得なくなる。結果、蓄積がなされない。そこが気に入らないってならまだ話は分かるが、「何がしたいのか」ってのはなあ。

何度もやり方を変えて、得られたのはこの程度の結果。仮に同じやり方をずーっと続けて今と同じような結果だったらどっちがマシなんだろうなあ。一本通して続けられるやり方の方が良いような気がするんだけど。例えばどんなに批判されてもマンマークにこだわるとかさw

今日の負けで、またやり方変えんのか? ルーカス戻ってくるから、まだ暫く馬場1トップ続けんのか?

で、前節勝ったってのに、今日の負けで辞めろコール。これもどうなのよ。わざわざ若いもん中座させて「フロント考えろ!!!」ダンマクかよ。ご苦労さん。

「東京一丸」と書かれたゲーフラが見える。今の東京は…去年の同節消化時点より、今年の方が勝ち点は上。なのに去年の今頃は熱狂的な応援で、今年は辞めろかよ。温度差あり過ぎ。ダメな時だからこそ、声を張り上げて応援する。オレはそーゆーつもりでやってきたけど、なんか違うみたいだな。

バイアスがかかってんじゃね? で、それに多くの人が影響されてるみたいな。気持ち悪い。「ハラトーキョー」コールとか頭悪過ぎ。

まあ、選手批判しないだけマシだけどな。

帰りにたけちゃんにぼしらーめんを食ってきた。言われているほど旨くはなかったが、それでも十二分に旨かった。

酒飲んで寝よ。

2006年 7月29日 J1 第16節
味の素スタジアム
東京 0-2 サンフレッチェ広島
  主審:柏原(止めすぎ。酷いよジョージ。あとコッチ側の線審がクソ)
  天候:晴れ
  観衆:31、684人
    得点:
    広島FW佐藤寿   (20分)
    広島FW佐藤寿   (48分)

[PR]

by alouatta | 2006-07-30 01:47 | サッカー


<< 洗車      残席2 >>