2006年 08月 27日
オーギヤ、てめえちょっとこい!
06年 J1 第20節
清水エスパルス 2-0 東京


2-0で清水の完勝前半、すげーいいゲームだった。

というかエスパルス、雑誌なんかに書いてあった通り上手ぇえ。特に左サイドからの攻め。枝村っつーのも評判通り良かったけど、ボランチかと思ったらかなり前目。攻撃ばっかやってたな。この辺は聞いてたのとちょっと違ってた。ともあれ、長谷川健太恐るべし。



で、誰だっけ、あのクソレフリー。

オーギヤ? あのバカが腐った笛吹かなきゃ後半も面白い試合になってたと思うんだけど。前半ロスタイムに徳永が退場になってからは、ゲームがぶっ壊れて一方的なエスパルスのペース。

なんとか抵抗していたオレの東京だが、PKを含む2失点で敗退。清水にアンフェアな所があったわけでもねーし、腹立つほど東京が不甲斐なかったワケでもねーし。にも関わらず後味が悪いのは、おめーのせいだよ、オーギヤ。辞めちまえ。

とはいえ、退場なかったとしても前半11対11の時間帯、あんだけ清水に攻められてたワケで。東京はロクにシュート打てなかったし。多分運が良かったとしても1-0くらいで東京が負けてただろーな。

ふう。

縦への速さはどうやら取り戻したらしいし、ガーロが仕込んだショートパスを使って、横や後ろではなく前に行くシーンもけっこー見られるようになったし。東京は前進してると思う。ま、このまま焦らず続けてくれよ、倉又さん。

でも、なんつーか慌てすぎかなって感じもしない事もない。たまには後ろでパス回して落ち着かせる時間帯も必要なんじゃねーかなー。こんな季節、こんなスケジュールなんだし。

ま、1度めのPKを止め、2度目は失点したもののキッチリ反応してボールに触って見せた土肥、さすがだ。GJ。茂庭と一緒に相手のキッカーに話しかけたりして弄るのは、分かんねーけどルール上ギリギリなんじゃね? いつも笑わしてもらってるからいいけど。

で、茂庭。

大丈夫か? 肉離れ? う~ん。最近不調っぽかったから、ちょっと休め。リフレッシュの良い機会かもしんない。

次は国立でセレッソか。また平日なんだよな。2週連続で水曜早めに会社抜けるのは難しいなあ。ったくよー、何このスケジュール。

《記・8月27日》

エスパルスドリームプラザ
[スタジアムに入る前に、エスパルスドリームプラザっつートコで寿司食ってきた。ものの味が分からないオレにも、なんとなく旨かったような気がした]


2006年 8月26日 J1 第20節
日本平スタジアム
清水エスパルス 2-0 東京
  主審:扇谷(辞めちまえ!)
  天候:曇り
  観衆:16,177人
    得点:
    清水FWチョ   (前半ロスタイム)
    清水FWチョ   (77分)

[PR]

by alouatta | 2006-08-27 20:03 | サッカー


<< これはいらない      ダウン >>