2006年 09月 02日
改めて三ツ沢はいいスタジアムだと思った
06年 J2 第37節
横浜FC 0-1 ヴィッセル神戸


後半開始直後、一瞬ゴール裏にお邪魔して撮らせてもらった三ツ沢行ってきた。

選手が目の前。主審の笛の音がハッキリ聞こえる。GKのコーチングの声も聞こえる。

西が丘も日立柏も同じだけど、ここ三ツ沢もホントにいい。サッカーはこーゆースタジアムで観るのが一番だな。

カードは横浜FCとヴィッセル神戸の対戦。昇格に向けての大一番らしく、引き締まったいい試合だった。

オレは横浜FC側で観てた。どっちかっつーと…ってより、ハッキリと横浜FCに勝ってもらいたいと思いながら観ていたのだが、正直、神戸の方が良かった…。最近、“ミトナチオ”に対抗して“ハマナチオ”などとも呼ばれてるらしい横浜の守備だが、これも神戸の早い寄せ、ボールホルダーを複数がかりで挟み込むような守備の方が質が高かったような気がする。

0-1でゲームが終わった後、城が静かにキレてた。試合終了の整列に行こうとせずヴィッセルのアツに促されてたし、ゴール裏に挨拶した直後にユニホームを脱ぎ、ピッチを後にする直前、ユニを地面に叩きつけてた。

チームメートに不満があったのか、今日の主審・柏原の判定に腹を立てていたのか。横浜FCサポも、あーゆー時は城コールをしてあげた方が良かったと思うのだが…。

オレがこのブログを始めてから3回くらいかな? 三ツ沢で横浜FCを観てるんだけど、確か一度も勝ってない。次に観に行く時は、勝ちゲームが見たいなあ。

勝った神戸サポが大喜びしてた
[神戸サポは大喜びしてた。ガブリエルがゴールを決めた時は、サポがピッチに入り込んでたんじゃねえか? まあ、キモチは分かる]

2006年 9月2日 J2 第37節
横浜市三ツ沢公園球技場
横浜FC 0-1 ヴィッセル神戸
  主審:柏原
    (比較的流してたから変な所で止めたのが目立った)
  天候:晴れ
  観衆:6,660人
    得点:
    神戸MFガブリエル  (61分)

[PR]

by alouatta | 2006-09-02 23:29 | サッカー


<< 風邪でもないのに熱がある      早くも切れたか カンフル剤 >>