2006年 09月 09日
監督代えても弱いもんは弱い
06年 J1 第22節
東京 1-3 ヴァンフォーレ甲府


ブーイングもんだわマジでここの所の体調不良はまだ続いてる。

この日もボケーっとしていたが、せっかく年チケ持ってんだからと、夕方起き出して味素タに行ってきた。東京と甲府の試合。

出かけるのが遅かったから、スタジアムに着いたのは試合開始5分を過ぎたあたり。さすがに今日はG裏の真ん中の方には行く気が起きない…とか思ってたんだけど、東京が前半だけで3失点すると黙ってられなくなった。後半からは前の方に紛れ込んで大声出してきた。

しかしその甲斐もなく東京は1-3の完敗。オレはこないだの浦和戦と同じくらいにムカついた。勿論ブーイング。

はあ…。弱いね、東京。3連敗。今季初じゃねえの?

監督代えたってダメなもんはダメだ。サイド攻撃ったって、ライン際を駆け上がるのはいいんだけど、前が空いてんのにわざわざサイドチェンジとかしたりでスピードに乗れず、結局甲府に守備固める時間を与えて…。

いや、やめとこ。つまんねーし。

さて、この弱いチームがこれからどうなっていくか、大声出しながら見守ってくかね。

甲府サポはけっこう大勢で来てた
[小瀬での同一カードとは真逆の結果に、甲府サポも満足したことだろう]

2006年 9月9日 J1 第22節
味の素スタジアム
東京 1-3 ヴァンフォーレ甲府
  主審:松尾
  天候:曇り
  観衆:21,382人
    得点:
    甲府FW茂原   (23分)
    甲府FWバレー  (32分・PK)
    甲府FWバレー  (38分)
    東京FWルーカス   (47分)

[PR]

by alouatta | 2006-09-09 23:55 | サッカー


<< 背番号30 FW遠藤大志      『悪魔とプリン嬢』 パウロ・コ... >>