2006年 10月 22日
こんな試合があるから、やめられない
06年 J1 第28節
東京 3-2 ガンバ大阪


約半年ぶりの味素タ勝利勝ちゃあいいんだよ、勝ちゃあ。



勝ってくれれば気分がいい。

たぶん、どんなスポーツでも、弱かったり調子が上がらないトコを応援してたら、こんな良い日もあるんじゃないか。負けが込んでいたからこその快感。逆転勝利だからこその感激。

前半2点喰らってまたダメかと思った。だが、45分を2失点でとどめたのが勝因のひとつだな(「とどめた」ってより、ガンバがシュート外してくれただけなんだけど)

後半、平山を下げてから、東京は見違えるように良くなった。

代わりに入った憂太は、最前線から良く相手を追い回す。さらに戸田の代わりに入った規郎も激しくチェイス。ガンバはリードを守ろうとして、やや退き気味だったのかな。そのおかげかどうかは分かんねえけど、東京はショートパスがよく繋がり攻撃にスピードが出てきた。おまけにピッチをワイドに使う攻撃まで繰り出せるようになった。前半目立ったロングパスは減り、ドリブルで仕掛けるシーンも結構見られるようになった。

いいじゃねえか、東京。こんな東京が見たかったんだよ。こんなのスゲー久しぶりに見たような気がする。

まあ、やり方を変えて相手の対応が遅れただけかもしんないけど。前半からあのサッカーして上手く行くかどーかは分かんない。

ともあれ、今野がゴールを叩き込んでからは、興奮し過ぎてよく分からない。規郎のキャノンが決まった後は、ホントに覚えてない…というか、大声出すのに専念し過ぎでサッカーを観てなかったのかもしんないw 試合後、石川が「シャー!!」をやりに来るまで、 逆転弾を決めたのが誰なのか分からなかったくらいだ。

しかし、ロスタイムのユルネバには不覚にも一瞬涙が溢れたよw

平山は、自分が下がった後の東京を目に焼き付けといてほしい。アレが東京だ。あのスタイルを理解して、自分のプレイを摺り合わせてくれ。ぼんやりしてっから何度も宮本にパスかっ攫われんだよ。今のデキじゃ、オレの平山コールはテキトーなままだ。

ふ~。忍び寄るのび太や人間力の恐怖が消え去ったかどうかは分からないが、目の前の1勝で今日はンな事忘れて酒が飲める。

規郎キャノンが、今日サイコーのツマミだな。

今日、出番のなかった文丈が後方で満面の笑み
[画面暗過ぎでなんだか良く分からないが、試合後ゴール裏に挨拶に来た選手たち]

2006年 10月22日 J1 第28節
味の素スタジアム
東京 3-2 ガンバ大阪
  主審:松尾(ちょっとムカついたが、まあいい)
  天候:曇り
  観衆:36,161人
    得点:
    ガ大FW播戸竜二 (11分)
    ガ大FWマグノ・アウベス(24分)
    東京MF今野泰幸 (77分)
    東京MF鈴木規郎 (81分)
    東京MF石川直宏 (84分)

[PR]

by alouatta | 2006-10-22 21:55 | サッカー


<< ここ1ヶ月、働きすぎた      それはよせ! >>