2006年 11月 23日
なんの積み上げもないままシーズンが終わろうとしている
06年 J1 第32節
東京 1-2 横浜F・マリノス


試合開始前から旗振りまくりのマリノスのみなさん東京のホームゲームを見てきた。相手はマリノス。



PKで先制するも、逆転負け。前半途中から圧倒的に攻め込まれてたから、よくロスタイムまで持ちこたえたな、ってのが正直な印象。完敗だな。

今野をDFラインに入れてたけど、敵に向かっていく猛犬をわざわざ鎖で繋ぎ止めてたみたいな感じ。もったいねえ。

明らかに使えるディフェンダーが足りないんだけど、どうせ倉又東京の守備力じゃ、どのチームが相手でもゴール決められちまう。そんな小手先の配置換えしたところでしょうがねえよ。守備には目をつぶって、撃ち合いに持ち込んだ方が良かったんじゃないか。東京の攻撃陣はガチャガチャ動き回って、相手を慌てさせる事はできる。

次はしあさってか。お客さんをたくさん連れてくる首位チームが相手だ。強いのは分かってるが、腹ぁくくって攻め続けてくれよ、東京。なんとか撃ち合いに持ち込めればなあ。

主審は誰が来るんだろう。ジャスティスなら荒れた展開もあり得るから歓迎するが、上川だけは勘弁だ。

さて、酒飲んで寝よ。

傘回して喜ぶマリノスのみなさん
[試合終了直後のマリノスのみなさん。傘、増えたな~]

2006年 11月23日 J1 第32節
味の素スタジアム
東京 1-2 横浜F・マリノス
  主審:東城(フツーにヘタクソ)
  天候:曇り
  観衆:23,553人
    得点:
        東京FWルーカス (19分・PK)
         マリノスMF奥 大介 (76分)
        マリノスDF那須大亮 (後半ロスタイム)

[PR]

by alouatta | 2006-11-23 22:36 | サッカー


<< 文丈引退      なぜ太田吉彰は代表に選ばれない... >>