2006年 11月 26日
首位チームの弱気がこの結果を生んだんだと思う
06年 J1 第33節
東京 0-0 浦和レッズ




倉又東京のベストゲームだ。

1-4の劣勢から4連続ゴールで大逆転勝ちってのも、確かに面白かった。でも、サッカーの醍醐味ってのは、こういう引き締まったゲームにあるとオレは思う。

決定機をあれだけ作ったのにゴールが生まれなかったのは残念。でも、良く攻めて、粘り強く守った。

東京はいいゲームをしたよ。

浦和は慎重だった。ボールを奪えば案の定鋭いカウンターで攻めてくる。だが、東京ボールの時は、ワシントンを残してほとんど全員で守備。スコアは0-0なのに、既に1点先行しているかのような戦い方だ。こっちのDFとボランチがパス交換している時は、ほとんどチェックに来ない。おかげで東京は後ろの方で落ち着いて組み立てが出来た。

今日の浦和は、点を取ろうという情熱よりも、失点を怖れる気持ちの方が強かったんじゃないかなあ。タイトルを目前にしたチームとは思えない消極策。“らしく”ねえぞ、レッズ。

一方、オレの東京は前後半通じて前線からの守備も積極的だし、攻めてはタテへの意識も強かった。全員守備、全員攻撃。腐るほどチャンスを作ったけど得点が決まらず、ゴール裏ではその度に天を仰いでる奴大発生。まあ、浦和GK山岸のスーパーセーブも何度かあったし、しょうがないか。

でもあれだ。ホント、今日の東京は良かった。面白い試合だった。サイド攻撃も利いてたし、カウンターを封じた守備陣も良かった。いいバランスで戦えていると判断したのか、交代枠を1つしか使わずに乗り切った倉又もGJだ。塩田先発は、正直言うともっと前にやるべきだったと思うが…。

試合終了のホイッスルが鳴った直後、味素タにはガンバ勝利を告げるアナウンスが鳴り響いた。東京ゴール裏は、「ガンバ・ガンバ・パナソニックガンバ!」とコールw おもしれー。

結果オーライだが、レッズの胴上げ阻止に成功。東京としては十分の戦果だw

試合前は「スタジアムへゆこう」を大合唱するし、なんつーかホント、今日のFC東京は、久々に100%“らしい”雰囲気だった。よく戦ったよ。いやー、大声出しながら跳ねまくってすんげー疲れたけど、ん~、良かった良かったw

倉又シーズン終了の挨拶
[試合後は、ホーム最終戦のセレモニー。倉又さん、お疲れさんw 「浦和の優勝を阻止した」発言、良かったよ。レッズサポの大ブーイングと相まって笑えたw]

三浦文丈引退挨拶
[引退を発表した文丈も挨拶。天皇杯はどうすんのかな。ともあれ優勝阻止でゆっくり文丈が挨拶する時間があって、本当に良かったよ]

06年11月26日 東京対レッズ
[今日の味素タ。東京側G裏は普段満席になるが、今日は微妙に空席があった。ホーム側自由席チケットのかなりの枚数が浦和サポに流れたのか?]

駐輪場から撮った味スタ
[そんじゃ味素タ、また来年]

2006年 11月26日 J1 第33節
味の素スタジアム
東京 0-0 浦和レッズ
  主審:扇谷(今日はマシだったような気がする)
  天候:曇り
  観衆:41,528人
  得点:ナシ

[PR]

by alouatta | 2006-11-26 22:23 | サッカー


<< 土鍋で米を炊いてみた      文丈引退 >>