2007年 03月 03日
あれ? 確か監督代わったんだよね?
風邪ひいた。なんか熱とかすげーし。鼻水も真っ黄色。

だが、今日はJリーグ開幕。初戦を欠席するわけにはいかねえだろ。咳が出ないのがせめてもの救いだ。



つーわけで味素タ行ってきた。

07年 J1 第1節
東京 2-4 サンフレッチェ広島




G裏はビニール紐で装飾
試合開始40分くらい前に到着。G裏一帯はビニール紐で飾られていた。遠目にはキレイだが、いつも大旗を振ってる人は正直邪魔だっただろうなあ。

試合はっつーと、東京の完敗。

序盤攻め込んでた東京だが、あそこで点を入れられなかったのが痛かった。でも、結局は広島のシンプルなパス・アンド・ゴーにやられたってトコか。

広島は、ボール持つと簡単にスペースにパス。連携がしっかりしてて、ちゃんと動き出してる選手がいるからタテにボールが繋がっていく。東京DF金沢が攻め上がった裏を、広島の駒野に突かれてた。で、ボールが広島の代表FW佐藤寿人に渡ると東京の高校生ルーキーDF吉本はあっさりかわされる。あっという間に2失点。

吉本は気の毒だった。しかし、怪我したわけでもないのに前半途中で藤山と交代って、これ、交代枠1枚無駄遣いだろ、原さん。動けない梶山も前半だけで憂太と交代。明らかに先発メンバー選出のミスだ。指揮官、目を醒ませ!

東京は失点してからは中盤すっ飛ばしてたような気がする。平山の高さを活かしたサッカーだったんだろうけど、どうにも常に苦し紛れっぽい。フィジカルだけで勝とうなんてムリ。もっと、何というかちゃんとしたサッカーやってくれよ。

「高さは武器になる。でも、それに頼っていたら、試合には勝てない」って、広島で19番つけてるディフェンダーの背中が笑ってたような気がした。

ま、いいか別に。

あーだこーだ言ってるけど、けっこー面白かったよ。最後の方は、東京らしくガツガツゴリゴリしたサッカーで攻め込んでたし、ルーカスが2点も取ってくれたし。しかし、これじゃ去年となーんにも変わってねえんだよなw 大量失点といい、まだ倉又さんが監督やってんのかと思っちまったよ。ホントに監督代わったんだよな?


福西湯飲み
うーん、開幕戦から愚痴混じりになってるな。いかんいかん。試合が終わった後に買った「福西湯飲み」で、焼酎でも飲んで寝るか。

明日は風邪治ってるといいなあ。

2007年 3月3日 J1 第1節
味の素スタジアム
東京 2-4 サンフレッチェ広島
  主審:穴沢
  天候:晴れ
  観衆:25,257人
    得点:
    広島FW佐藤(13分)
    広島FW佐藤(18分)
    広島FWウェズレイ(27分)
    東京FWルーカス(49分)
    広島FWウェズレイ(52分)
    東京FWルーカス(61分)
    

[PR]

by alouatta | 2007-03-03 21:53 | サッカー


<< だりい      すんません。昨日のエントリのタ... >>