2007年 03月 15日
真夜中におまわりが来た
昨日の話。

終電まで働いて帰ってきた。午前1時過ぎに帰宅。軽くシャワー浴びてから、焼酎を飲み始める。チーズとたくあんがつまみだ。

2時ちょっと過ぎたあたりで、晩飯食ってなかったのを思い出した。つーか、すげえ腹減った。

チキンラーメンを作って食い始めた時、ドアをノックする音が聞こえた。

誰だよ、こんな時間に。ありえねえだろ。

「だれ?」

  「近所の者ですが」

「近所の者じゃわかんねーよ、誰だよ、こんな時間に?」

  「いや…、ええと、プライバシーの問題もあるので…、名乗りたくなかったんですが、世田谷警察の者です」



はあ? ケーサツ? オレ、なんかやったっけ? 捕まるよーな事してねえぞ。

追い返したら逆にタイホされかねないな、と思ってドアを開けて応対する事にした。マジでポリだよ。二人もいやがる。

「なに? なんの用?」

  「近所の方から通報がありまして。部屋の中、見せてもらえませんか?」

ツーホー? なに? わかんね。マジかこれ。

「どんなツーホー? オレがなんかしたワケ?」

  「お宅から低周波音が出ているということで。中に入れてもらえませんか」

低周波音? なにそれ。しらねえよ。

「汚ねー部屋だから見せたくねえな。どこの奴が言ってきたんだよ。そいつ連れてこい。そいつなら、入れてやる」

酒が入ってるせいか、オレ、ノリノリ♪ というか、オドオドしてっと却って怪しまれるかもしんない。だから、敢えて横柄な態度を取る事にした。

  「プライバシーがあるから、通報した人は教えられないですよ。何か機械、使ってませんか。中、見せてもらえませんか」

甚だ不愉快だ。音が出る機械なんか使ってねーし。テレビのボリュームだって、ごく小さな音量に絞り込んでる。てゆーか、オレのプライバシーはどーでもいいのかよ。ツーホーしたもん勝ちかよ。おかしくねえか。しかも、こんな時間に。ありえねえだろ、ちくしょう。

とはいえ、あんまり抵抗しても相手がポリだからな。仕方ねえから、掃除はおろかロクに片づけもしてない部屋ん中にポリを一人、入れてやることにした。

「キカイとか、なんもねーだろ」

  「ないねえ。ん~。パソコンは?」

脳味噌にウジ沸いてんのか、このポリ。一応、テレビのボリューム消音にして、ハードディスクが回る音を確認させる。今度は、寝床の横に立てかけてあるギターに、ポリの目がいった。

  「楽器弾いてたの?」

「弾くわけねーだろ、こんな夜中に。んな常識くれーあるよ。大体、ギターから“低周波音”なんか出ねーよ」‘ボケが’と言いそうになったが、堪えた。つか、最近ギター弾くのは3日に1回あるかねーかだし。

  「そうだよねえ。ん~。なんにもないねえ」

たりめーだ、このクズ。なんもしてねーのに、なんでポリがこんな時間に来んだよちくしょう。

と、ここまでは敢えて横柄な態度を取っていたんだが、次のポリの発言でブチ切れた。

  「わかりました。じゃあ、これで帰りますが、ええと…、ん~、ここの番地はいくつですか? それから部屋番号と…」



「おい、ちょっと待て。おまえ、ここの住所も部屋番号も分かってねえのに、ツーホーがあった、部屋ん中見せろって来たのかよ? おかしくねえか、おい!?」

聞いた事あるぞ、ポリどもが訓練みてーな感じで、なんにも怪しくないヤツを取り囲んで職務質問するってのを。コレもそれと似たようなもんじゃねえのか? 大体なんだよ、“低周波音”って。大声で喚いてるとか、テレビの音がうるさいとか言われたんなら、んな事してねえってハッキリ言えるけど、“低周波音”とか言われたらワケわかんなくて、誰でも混乱するだろ。なんか怪しいぞ、このポリ。

  「いや、一応、確認だから。教えてくれませんか」

「おまえ、おかしいよ。オレんとこからなんか音出てるってツーホーがあったんなら、なんで今頃住所確認してんだよ。ふざけんなよ。なんでオレんとこに来てんだ、おめえ。答えろよ」

  「あー、ええと、ごめんごめん。もう帰りますから。怪しい事はなかったって、通報した方にも言っときますから」

「ふざけんな。“ごめんごめん”って、いい年こいたヤツの謝り方じゃねえだろ。ちゃんと謝れ、ボケが」今度はちゃんとボケをつけた。

  「……夜分おそく、すみませんでした。ご協力ありがとうございます」

「待ておい。おめえ、ホントにおまわりか。身分証明書みせろ。これから世田谷署に苦情の電話入れっから」

ポリはちらっと身分証明書をかざしたが、よく見えねえから、腕を掴んでハッキリ確認させてもらった。

(ヘタしたら↑で公務執行妨害でタイホされてたかもしんないw)

「よし。わかった。じゃあとっとと帰れ、クズ」

  「はい。ご協力ありがとうございました」


アタマきた。ホントアタマきた。ふざけんな。時計は午前3時前だぜ? なんだよ、コレ。終電まで働いて帰ってきて、スカパでサッカー見ながら焼酎飲んでたらポリに部屋ん中入られなきゃなんねーのかよ。ふざけんな。なんか別件で、この辺りのローラー作戦? みてーのやってんのかもしんねーけどさ。しらねえよ、ふざけんなクソ野郎。

マジで世田谷署に苦情電話を入れた。

既にさっきのポリから連絡が行ってたらしくて、向こうは平身低頭。電話ではさすがに丁寧な口調で喋ったが、アタマに来てたから延々延々文句を言ってやった。フツーのヤツ苛めてるヒマがあったら、汚職政治家の一人でも追っかけてろよ、使えねえよポリども。

ひとしきり電話に出たポリを責め立てて、僅かながら溜飲が下がった。

電話を切って、深くため息を付いた。

視線を落としたら、ポリが来た時に食ってたチキンラーメンがのびまくって、デロデロになってた。





なんだか激しく落ち込んだ。
[PR]

by alouatta | 2007-03-15 23:08 | 雑記


<< 鍵はちゃんと閉める事にした      逆ギレ >>