2007年 03月 17日
鍵はちゃんと閉める事にした
午前中、まだ寝てる時間に、大家さんから電話が来た。

  「お隣さんと、何かトラブルあったんですか」

「いや、なんもないですけど。ただ、一昨日、おまわりさんが来まして。午前2時半に、部屋ん中見せてくれと」

  「あー、そんな時間に」

「で、おまわりさんに部屋ん中見てもらって、なんも怪しいトコないのを確認してもらって」

  「その時、お隣さんに会いましたか?」

「いや、おまわりさんに立ち会ってる人はいなくて。でも、その後、こっちは何もしてないのにおまわりさんが真夜中に来たんで、警察署に苦情の電話を入れたんです。で、アパートの隣りの人からの通報だったと教えてもらいまして」

  「あー…、そうですか」

「はい」

  「昨日ね、○○号室(オレの隣り)の人から電話があったんですよ。尋常ではない口振りで。そちらから低周波音が出てるとか。前から変な所あったんですけどね。わたしの近所にも“電波が出てる”、“光線が当てられていてまぶしい”とかね、わけの分からない事を言う人がいるんですが、そんな感じで。他になにか言われてますか」

「いや、一切接触ないので。おまわりさん呼ばれてビックリしてます」

  「ん~。何かあったらね、隣りの人の保証人…、親御さんにも相談しなきゃいけませんので。何か言われたら、連絡ください。お願いしますね」

 
「わかりました。えーと、わたしは悪い事してないんですけど…、なんだかすみません」

  「いやいや。あなたは…。まあ、何かあったら、連絡ください。それでは」



ふ~ん。


隣りのヤツのアタマがおかしいのか。ペット不可なのに、鳥飼ってるらしくて。なんか鳴き声が聞こえてるから、妙な人だなぁとは思ってたけど。気ぃつけないといかんな。

これまで近所のコンビニに行く時とかは鍵閉めてなかったけど、これからは毎回キッチリ施錠しとこ。バイクに火ぃとか付けられないか、心配だ。
[PR]

by alouatta | 2007-03-17 22:29 | 雑記


<< 平山決めろよ、ったく      真夜中におまわりが来た >>