2007年 03月 18日
平山決めろよ、ったく
07年 J1 第3節
東京 0-1 ジュビロ磐田



観衆は27,064人
一人少なくなった磐田を相手に、攻めども攻めどもゴールを奪えず、カウンターからセットプレイのチャンスを与え失点、敗北。そんな試合だった。

後半は東京の一方的な展開だった。でも遠目からワンチョぺ、平山のツインタワーに放り込んで、後は混戦から誰でも良いから押し込んでくれ、みたいなのばっかり。工夫無さ過ぎ。

磐田はゴール前を固めててサイドは空いてたんだから、もっと抉り込んでからセンタリングあげるとか、他にも色々やり方変えて攻めなきゃダメだったんじゃねえかな。単調だよ。なんとかしてくれよ、原さん。

まあ、ヨシカツも当たってたししょーがねえかな。

試合後、福西はファンへの挨拶もそこそこに足早にドレッシングルームに戻りたがってた。キレてたな、ありゃ。若い連中を怒鳴りつけてやってくれ、福西。

ふう。

今年、まだオレは東京の勝利をみてない。前節欠席したのが悔やまれる。

2007年 3月18日 J1 第3節
味の素スタジアム
東京 0-1 ジュビロ磐田
  主審:西村
  天候:晴れ(寒かった)
  観衆:27,046人
    得点:
    磐田DF鈴木(82分)
    

[PR]

by alouatta | 2007-03-18 22:45 | サッカー


<< どうも具合が悪い      鍵はちゃんと閉める事にした >>