2007年 03月 31日
落ち着け、オレ
07年 J1 第4節
柏レイソル 2-0 東京



為す術なし
また負けた。

スペースに走り込んでるプレイヤーがいない。パスの受け手は悉く相手選手のチェックに遭う。マーカーを外して、ポッカリ空いたゾーンに顔を出す選手は、福西と石川くらいか。その石川は、後半、外された。おそらくは福西を前に置く為に。

足元にパスを出すのは別にいい。でも、レイソルのチェイスに脅かされるんだから、簡単にはボールをキープさせてもらえないし、パスを出すにも苦しい。ボールを奪われるケースの方が多かったような気がする。

フリーになる動きしてくれ。スペースに走り込んでくれ。フリーの選手、チェックを外した選手にボールを出せ。

サッカーの常識だろ。それがまるで出来てない。

バレバレの平山大作戦は、またも不発。抉ってクロスなら或いは…、とも思うが、タテポンで平山はムリ。相手だって十二分に分かってる。

むしろ平山には足元に出した方がいいんじゃないか。とか言いつつ、前半、せっかく競り勝ったのに、目の前を横切ってフリーになった石川にパスを出さず、ゴリゴリ行こうとした平山には呆れた。周りが見えてない。

ともあれ、平山の高さを活かすのが主戦法じゃあ、これ、まともなサッカーじゃない。あくまでも、いくつかのオプションの一つであるべき。

他のカタチは練習してんのか。福西の経験、ワンチョぺの、何時出るか分からないワールドクラスのプレイ、平山の高さ。そんなもんを頼みにして試合に臨むんなら、素人が指揮してんのと同じ。

どうやって崩すか、どうやって守るか、どうやって時間を使うか。攻撃でも守備でも、いくつかのオプションは必要。その上で意思統一をはかり、且つ選手のモチベーションを上げる。それがコーチの仕事のはずだが、まるで出来ているとは思えない。

ジタバタどたばた。

今までの東京で一番酷い。去年よりも一昨年よりも。

┌──┐          ┌──┐
|  警|          |  警|
├──┼─    ┌──┐─┼─
|・∀・|    ┌┤'A` ├┐| 死なせてよー
|~  ┌───┘    |  |
|  ─┤        俺  |  |
|  ─┤            |  |
└┬┬└──────┘┬┘
  ||              ||


G裏で必死になって応援してると、↑みたいな気持ちになる。

もういい。

オレはこの一年、ヘラヘラしながら東京を応援する。どんな結果になろうとも。

2007年 3月31日 J1 第4節
日立柏サッカー場
柏レイソル 2-0 東京
  主審:前田
  天候:曇り(試合直前に雨上がる)
  観衆:10,793人
    得点:
    柏MF菅沼(34分)
    柏DF古賀(49分)
    

[PR]

by alouatta | 2007-03-31 23:50 | サッカー


<< バイクを降りて一服      今日は暖かかった >>