2007年 04月 11日
東京ブギウギ
07年 ナビスコ予選 第4節
東京 2-1 ジュビロ磐田



ヒーローインタビューは福西。カメラ寄りすぎ。
勝った。

勝てば楽しい。

今日はいつもより旗が多くて、かなり視界が遮られてたから試合内容は良くわかんねーんだけど、ルーカスと憂太の2トップが良かったんじゃね? フィジカル頼りのクソサッカーじゃなくて、フツーのサッカーやってたように見えた。

サイドも抉ってたし、真ん中からも攻め込めてた。

陣形をタテにコンパクトにして相手ボールの時はいつもより低めに守って、ボール保持した時はサイドがボールホルダーを追い越していく動きが何度も見れた。平山やワンチョぺを使う時も、クソくだらねー放り込み一辺倒じゃなくて、こーゆーちゃんとしたサッカーをやってほしい。何度も書くけど、高さは武器のひとつであってそれに頼るだけじゃマトモなサッカーは出来ない。頼むぜ、監督。

いや、まあ、いいか。

勝つっていいねえ。ホント、楽しい。浅利のシャー! が見れてホント良かった。国立サイコー!

2007年 4月7日 ナビスコ予選 第4節
国立霞ヶ丘
東京 2-1 ジュビロ磐田
  主審:柏原(一般的な柏原イメージよりマシだった)
  天候:雨(小雨だな)
  観衆:10,337人
    得点:
    東京MF福西(44分)
    東京FWルーカス(66分・PK)
    磐田DF上田(61分)
    

[PR]

by alouatta | 2007-04-11 23:55 | サッカー


<< バカだから何度も同じ峠を走る      今月の故障 >>