2007年 04月 28日
家本さん、勝ち点1ありがとう
a0035620_1733835.jpg

神戸。

前半0-0。

東京に帰ってから続き書く。

後半は面白い展開にしてくれよ、東京。




つーわけで試合から4日経ってから続き書く。

27日の金曜日、会社に休みもらってバイクでずーっと下道走って一路関西へ。鈴鹿の山ん中で野宿。夜中、真っ暗で正直ビビった。

翌28日朝、心斎橋で早朝からやってる銭湯に寄って身体を洗ってから梅田へ。電話とメールでしかコミュニケーション取ってなかった仕事相手に初めて会って、軽く打ち合わせ。

午後2時に大阪を出て、ホームズスタジアム神戸へ向かった。

07年 J1 第8節
ヴィッセル神戸 0-0 東京



かったるい試合だった
なんかアレだね、東京に蔓延してんね、ヒールパス。福西のシャチホコが伝染したんかね。憂太とかは前からやってたけど。悪くねえな、コレは。

で、気になったのが浮き球。とっととトラップで落としてグラウンダーで回してくんねーかな。神戸も似たよーなもんだったけど。

前半終了間際、神戸のゴールが決まったかに見えた…がw 線審と偉大なる家本主審が見逃してくれたwwwwっw サンキュー!

後半もスピードが上がらない東京の攻撃。FWにボールが収まると、ワンチョぺもルーカスも、必ずと言って良いほど一旦サイドにはたく。これ、たぶん監督に言われてんだろーなー。トラップしねえでダイレで打っちまえよってシーンもあったんだけど。

なんか「こーやれ」って言われてる事をワールドクラスの肩書きを持ってる選手にまで徹底させんのはどうかと思うんだけど。当たり前の事や決められた事ばっかやってても、相手は守り易いと思うんだけどなー。

翻って東京のセンターバックは時々ドリブルでボールを前線に運んで、神戸の連中を慌てさせてた。藤山と今野は良かったような気がする。

でも、チョペは良かったかもな。すげー簡単にプレイする。俺の近くにいた人は「チョペ、やる気感じられないよ」とか愚痴ってたけど、オレには余裕持ってプレイ出来てるように見えた。まあ、どっちが正しいかわかんねえけど。

後半、交代出場で入ってきた規郎、梶山、憂太も良かった。規郎はちゃんと前に出て一人かわしてクロスorシュート。梶山も憂太もしつこく相手を追い回してた。

つーわけで良いところもあるんだけど、どうもこう、丁寧すぎるっつーかイケイケドンドンな感じが足りないっつーか。相変わらずスピード感のないゲーム運びだし。

結果はスコアレスドロー。

うーん。オレはそれなりに楽しめたけど、客観的に見たら退屈な試合だったんだろうなあ。どうしたもんかね、東京。

2007年 4月28日 J1 第8節
ホームズスタジアム神戸
ヴィッセル神戸 0-0 東京
  主審:家本(thx! あと線審GJ!
  天候:晴れ
  観衆:9,213人



ホムスタ神戸。いいスタジアムだなー。芝に問題あるみたいだけど。

[PR]

by alouatta | 2007-04-28 17:03 | サッカー


<< すげー疲れた      某所で野宿中 >>