2007年 05月 03日
余計な演出とかいらねえから勝てよ
07年 J1 第9節
東京 1-2 鹿島アントラーズ



ゲゲゲの鬼太郎デイだった(なんだそれ)
目玉オヤジのトーキョーコールが出た時にイヤな予感がしたんだ。「エンヤーロサ♪」と同じニオイ。

案の定、ワンチョペが先制点を決めてくれたのに、2分後に簡単に同点に追い付かれた。そのあとはバタバタ。

終盤に梶山を投入した理由がわかんねえ。誰か教えてくれ。相変わらず守備ライン下げ過ぎで、FWとの距離が空いてんのを埋めようとしたのか? わかんねえ。チョペを引っ張るとか赤嶺入れる方が良かったんじゃねえか。いや、まあ素人考えだけど。


もっと走ってくれ、東京
てゆーか一人一人ガチガチ勝負にいけよ。敵を抜け! パスもらいにスペースに動け!

一向に良くなる兆しが感じられない。つかツマンネーよ、今の東京のサッカー。ノロマだし。このままじゃ応援する気持ちが萎えちまうかもしんない。なんとかしてくれ。

帰ってきてスカパつけたらマリノスとフロンターレの試合やってた。面白かった。なんでウチはこーゆーのデキねえかなあ。やっぱ監督代えなきゃダメだ。

2007年 5月3日 J1 第9節
味の素スタジアム
東京 1-2 鹿島アントラーズ
  主審:奥谷(ハゲ)
  天候:晴れ
  観衆:30,436人
    得点:
    東京FWワンチョペ(57分)
    鹿島MF中後(59分)
    鹿島MF増田誓志(82分)

[PR]

by alouatta | 2007-05-03 21:39 | サッカー


<< 内堀は埋められて畑になってた小田原城      すげー疲れた >>