2007年 08月 11日
でもまあサッカー見るのは楽しいよ
07年 J1 第19節
東京 1-2 大分トリニータ




J1再開! っつーわけで行ってきました味の素スタジアム。オレの東京と大分との対戦。


17位大分との対戦
試合開始直後に、福西が決めて先制! こりゃイケるぜ! と思ったが、その後はグダグダだった。

大分の高めに張り出したウィングに対応するためだと思うんだけど、東京は4バックの左右にFW登録の規郎と石川まで下がってきて、6バックとも思える布陣になる時間帯が長く続く。伊野波が梅崎に張り付いてるから、動ける中盤は福西と梶山のみ。これじゃプレスなんかかかるハズがない。

結果、大分は後ろの方から中盤まで好き放題にボールを回してくる。東京は何度もセットプレイのチャンスを大分に与えてた。こりゃもう追い付かれんのは時間の問題だなーと思ってたんだけど、なんとか前半を無失点に凌ぎ切る。

このまま1-0で終われば、まあ6バックも暑い時期に先制した試合だし、仕方ねーかなーとも思えたんだろうが、後半すぐに同点に追い付かれて、そんな淡い期待も露と消えた。

あとはいつもの悪い東京。パスを回そうとして繋がらず、相手PA前まで来ても手数を掛けすぎてるから、PA内は敵も味方もわんさかいて大渋滞で、シュートコースなんてほとんどない。

ジリジリしてるうちに、大分MF高橋が素晴らしい抜け出しから放ったシュートで逆転されて、降格圏内に沈む相手に痛恨の敗北。

ん~。ダメだね、東京。ホームで弱すぎる。なんか手ぇ打ってくれ。チームもフロントも。たのむぜ。

しかしまあ、負けはしたけどやっぱ東京の試合見るのは楽しい。

まだまだこれからだぜ、東京。

2007年 8月11日 J1 第19節
味の素スタジアム
東京 1-2 大分トリニータ
  主審:山西
  天候:晴れ(サッカーする気温じゃないだろ常識的に考えて)
  観衆:20,689人
    得点:
    東京MF福西(3分)
    大分FW高松(48分)
    大分MF高橋(57分)

[PR]

by alouatta | 2007-08-11 23:51 | サッカー


<< もう少し続けようと思う      雨宿り >>