2007年 09月 15日
漢・平山、爆発
07年 J1 第25節
横浜FC 0-2 東京



平山に救われた
残り5分で、赤嶺に代わって投入された平山。ロスタイムを含めても、僅かな時間。

でも、平山はやってくれた。敵を二人、三人とかわしブチ倒し、GKを抜いてがら空きのゴールマウスにボールを叩き込んだ。凄みのあるプレイだった。これまで平山に懐疑的だったオレも、これには驚嘆した。

むしろ足元の方が得意なのに[ピーッ]な監督にヘディングの練習ばかりやらされ、試合ではこの日同様、ほとんど時間がない所での途中出場。五輪代表でも若いのに先発の座を奪われた。

悔しかったんだろうなあ。その悔しさが、あのド迫力のプレイを生んだんだと思う。

東京が先制点を決めた後は眠たくなるようなクソゲームだっただけに、本当にあのプレイに救われた。

ありがとう、平山。これからはオレもヒラヤマコール、気合い入れて大声で叫ぶぜ!

これで東京3連勝。さあ、例年通り、辻褄合わせのおもしろシーズン終盤となるのかな?
期待しちまうぜ!

2007年 9月15日 J1 第25節
国立霞ヶ丘競技場
横浜FC 0-2 東京
  主審:家本
  天候:晴れ
  観衆:13,835人
    得点:
    東京MF福西(34分)
    東京FW平山(後半ロスタイム)

[PR]

by alouatta | 2007-09-15 23:39 | サッカー


<< 4冊も続けて新品の本をかったよ      梶山ぁ‥‥ >>