2007年 11月 24日
ホーム最終戦
終了間際、大宮DFレアンドロのドリブル突破からのシュートで逆転負け。

脱力した。
監督挨拶とか観ないで客席を後にした。

しかし、レアンドロの突破は見事だったな。
「こうやって攻撃しよう」的な約束事から一瞬離れて、ドリブルで駆け上がりズドン。

勝負、ひらめき、アイディア。個人の力の発揮。

時々こーゆーのがないと、試合が単調に見えちゃう。今年の東京でいうと、アウェイ横浜Fマリノス戦での福西のループとか国立横浜FC戦での平山の怒濤の突破とか。そーゆーの、もっと観たいなぁ。足元へのショートパスの連発じゃなくて。敵PA前に辿り着く頃には相手も人数揃っててどんずまりになるサッカーじゃなくて。

いや、まあ、個人の力ってのは、チーム戦術がしっかりとした上でのスパイスみたいなもんなのかもしんないけど。

来年の東京は、どんなサッカーすんだろうな。

と、その前にリーグ戦あと1試合と天皇杯か。
[PR]

by alouatta | 2007-11-24 20:43 | サッカー


<< J2の誇り      but the river s... >>