2008年 05月 21日
身体ごと赤嶺
08年 J1 第13節
ジュビロ磐田 1-2 東京


世田谷からヤマハスタジアムまでバイクで片道230キロちょい。
寝坊して正午前に自宅を出発。
東名ぶっ飛ばして行ってきたよ、東京のアウェイゲーム。
ギリで試合開始のホイッスルに間に合った。東名で何キロ出したかは秘密だ。



赤嶺の2発で逆転勝ち。


赤嶺はヒーローインタビューで整列には間に合わず。
後ろの方で走ってんのが写ってるw
1点目は佐原のヘッドを川口がはじいたボールをヘッドで押し込んだ。
2点目は、エメルソンがすげー華麗なプレイからカボレにパス、カボレのシュート気味の速いクロスを赤嶺が身体ごと押し込んだ。

カッコいいゴールはあんまりないが、泥臭く決める。それが赤嶺。
もう言い切っていいだろう。長く待ち望んだ東京の日本人エース。それが赤嶺。

赤嶺の「シャー!」も堂に入ってきた。
淡々と表情を変えず、にも関わらず照れずに力強くG裏に向かって拳を突き上げる。

芸達者な長友と違って、派手な振る舞いは嫌いなんだと思う。
それでも自分の役割を律儀にこなしてみせているような「シャー!」。
泥臭いゴールに通じるものがある。

このまま怪我なく、チームも好調を維持し、周りとの呼吸が合い続ければ。
たぶん年間15ゴール以上はいける。日本人FWで15点も取れば、スター選手の仲間入りだ。
赤嶺はその素質を十分備えている。で、今年の東京も、終盤まで好調を維持してくれそうなニオイを振りまいている。

ナビスコが挟まるが、すげえいいイメージでリーグ戦中断を迎えられたと思う。

あとはあれだ。

オレとしては、エメルソン・羽生・石川のスピード系MF3人が先発で揃い踏みする東京を見てみたい。

あ。

でも、中盤がそんなんだとあれか。FWはカボレの1トップかw
赤嶺みれないじゃんwwww

2008年 5月17日 J1 第13節
ヤマハスタジアム
ジュビロ磐田 1-2 東京
  主審:扇谷(オーギヤだったのかよ。マシなジャッジだったと思う)
  天候:晴れ
  観衆:10,958人
    得点:
    磐田DF大井(22分)
    東京FW赤嶺(48分)
    東京FW赤嶺(62分)

[PR]

by alouatta | 2008-05-21 02:06 | サッカー


<< よくわかんねーけど      この時期に今季初連敗ってのも、... >>