2004年 07月 25日
【 東京 1-1 柏レイソル 】 南ちゃんサイコー
味素タ、ナビスコ杯予選リーグ最終戦。
東京と柏の一戦。

既にオレの東京はD組1位通過が決定している。
コッチにとっては完全な消化試合。

柏がグループリーグを突破する可能性は低い。
それでもこの試合に勝ち、他会場で鹿島が神戸に敗れれば
柏も2位で予選を通過できる。
そして柏は、早野宏を新監督として迎えたばかり。

明らかにモチベーションは柏の方が上だ。

実際、試合が始まると一つ一つのプレイで
柏の出足が速い。
暑さのおかげで両軍とも動きが鈍かったが、
どう見ても東京が押され気味。

柏はメリハリをつけるのも上手かった。
パスの出し所が無いと見るや、後方で執拗にボールを回し、
東京の隙を探る。

東京の失点も、そんなシーンからだった。

ボールを回していた柏DFが、
左サイドを走る大谷に長いパスを出す。
アッという真にゴール前まで攻め込まれ、ゴールを奪われた。

柏が1点リードで前半終了。

ところで今日、味素タにアマラオが来ていた。
湘南も試合があったハズなのだが、いいのか、アマラオw
東京G裏も、時折試合そっちのけでアマラオ・コール。
こんなんでいいのか、東京G裏w

さて。後半。

0-1で劣勢に立たされていた東京だが、
後半、ケリーが投入されると動きが良くなり反撃開始。
ボールの支配率がみるみる上がる。
G裏も前半とうって変わって盛り上がる。

ルーカスが突破しGKと1対1、これは貰ったか!? と
思った瞬間(翌日訂正:突破をはかったのは戸田だったらしい)、
柏GK南は何を思ったのか
ペナルティ・エリアの外で「手」を使ってくれた

柏原主審が南にカードをかざす。
一発レッド

ここからはほぼ一方的な東京ペース。
ルーカスがPKで同点。その後も東京が攻め続け、
再びルーカスが逆転弾! …と思ったのだが、
柏原主審のなんだか分からない判定のおかげで
取り消されてしまった。

結局1-1のドロー。
消化試合のワリには、けっこう盛り上がった。
南のおかげで、本当に盛り上がったw

柏側のG裏には、
「SGGK南雄太」と書かれたダンマクが掲げられている。

まさにスーパー、且つグレイト。

つい先月ゴッドハンドを披露し、
サッカーの歴史でも希なオウンゴールを決めたばかり
だというのに、今日はリーグ全体を通じて
年に1回あるかないかというプレイで退場。

ありえない。
もうシュナイダーとか若林とかとっくに越えてる。

南雄太は単なるサッカー選手ではない。
偉大なエンターテイナーだ。

ただ問題は、今後も使い続けてもらえるかどうかだ…。
なんとかお願いします、早野監督。
[PR]

by alouatta | 2004-07-25 00:17 | サッカー


<< blogとの付き合い方が良く分...      あちーし だりーし >>