2004年 08月 04日
日本代表、アジア杯決勝進出
日本 4-延長-3 バーレーン

日付が変わってから帰宅。
ビデオに撮っておいた代表の試合を、酒を飲みながら見た。

代表の選手達は、一人少ない中、バーレーン相手に良く闘った。
90分終了間際の中澤のゴールに、延長前半の玉田の決勝弾に、
そして、日本代表が掴んだ劇的な勝利に、正直オレは涙が出た。

日本代表には、次の試合も勝ってもらいたい。
中国を圧倒して、優勝してもらいたい。

でも、ジーコには監督を辞めて貰いたい。
今すぐにでも辞めてもらいたい。



アジア杯はここまで、タイ戦を除くと
どれもギリギリの闘いだった。
内容的には負けていた試合もあった。

日本がアジア最強だなんて妄想は持っていない。
中東勢はもともと強いし、東アジア勢は日本に牙を剥くライバルだらけだ。
そしてアジア杯は親善試合ではなく、
抜き身の刀を突きつけ合う真剣勝負。

苦戦して当然…、
なんて、オレは思わない。

ジーコに託されたのはW杯出場。
これは義務だ。
それなのに、アジアレベルで
手に汗握る試合を連発しててどーする!?


そりゃ感動するさ、あんな激しい試合見せられたら。
でも、ここじゃねえだろ、オレらを感動させんのわ!

選手個々の能力が上がったとは思う。
だが、チームとしては2002年の、あのW杯からの積み上げが
まったく感じられない。

どの試合でもドタバタドタバタ。
相手のレベルに合わせた試合しか出来ていないように見える。
勝利へのビジョンがなく、常に選手がピッチで汲々と対応している、
そんな印象。

カップ戦をここまで勝ち上がったのは、素晴らしい。
だが、目指すレベルからはかけ離れた試合内容。
日本がベストメンバーであるかどうかは
この際、あまり問題ない。
オマーン、イラン、ヨルダン、バーレーンに
「次闘ったら日本には勝てる」と思わせてしまった。

ダメだよ、こんなんじゃ。

川淵よ。
今すぐ祖母井さんに連絡をして
ベングロシュの連絡先を教えて貰え。
ベングロシュに、実績がある欧州の監督を
リストアップしてもらえ。

川淵よ、インド戦の前に監督を代えてくれ。
日本はもっと出来る。
今の、中田・小野・高原・稲本・久保を欠くメンバーでも
日本はもっと出来る。

2次予選を勝ち抜くためにも、いや、1次予選を突破するために
今すぐ、アジア杯後すぐに優秀な監督に代えてくれ。
ベングロシュなら、良い監督を紹介してくれるだろう。

たのむ。
協会のトップとして、最善の策を取ってくれ。

それにしても、遠藤の一発レッドは不可解だ。
アジアの審判はあんなレベルだ。
あんな判定をする程度のレベルだ。
ここアジアで勝ち抜くには、
圧倒的な力を持たなければならない。

決勝は、ホーム中国が相手か。
ジーコよ、代表監督として花道を飾れ。
これに勝って、職を辞してくれ。

勝て。そして辞めろ。
たのんだぞ、ジーコ。

そして有り難う、玉田。
有り難う、川口。有り難う、中澤。
[PR]

by alouatta | 2004-08-04 02:50 | サッカー


<< 憶えてねえし      ワラタ >>