2004年 08月 21日
【東京 1-2 清水エスパルス】          04J1 2nd 第2節
味素タ行ってきた。東京の試合。相手はエスパルス。

G裏ど真ん中で観戦。とはいえ、今日はホントにオレの前の方がフラッグだらけ。視界が遮られて、あんまりゲームを見れなかった。まあ、G裏に行くって事は半分以上声出す為に行ってるよーなもんなんで別にいーんだが。

東京は負けた。

声出しまくってたしフラッグだらけだったんで、良く分からないのだが、ちょっと五輪日本代表の負けっぷりを思い出してしまうような展開だった。先制されて、失点を挽回するために攻めに出るので、一見良い試合をしているみたいな。

でも負けは負け。惨敗と言う人がいてもオレは否定しない。そんなゲームだった。



ところで、今日はFireworks Nightと銘打たれた試合。ハーフタイムに花火大会がある。毎年恒例のイベントだね。a0035620_23495392.jpgでも、G裏ど真ん中からは、写真のようにロクに花火見れないw メインのお客さんは良く見えるんだろう。でも、オレらが陣取るホームG裏よりアウェイG裏の方が花火が良く見えるんじゃねえのか? ちったあ考えてくれ、主催者様。




で、ゲームなのだが、正直、エスパルスは良かったと思う。

太田がいるのに市川もいる。右サイドを放棄させられ左に回された市川(市川は右サイドの選手とオレは記憶していたのだが、間違いだったらすんません)。この両サイドは怖い。ウチ(東京)もサイド攻撃をウリにしているのだが、エスパルスの両サイドをケアしなきゃなない。東京が中盤から組み立ててサイドに振る時はマシな形になるが、サイドから組み立てて攻め込む形を取ろうとするとちょっと苦しい印象。

あと、エスパルスの戸田。

今日は3バックの左に入っていたと思うのだが、この位置からゲームを組み立ててくる。すげえ。ロングパスや攻め上がりで、最後列から効果的に攻撃の糸口を作ってくる。こう書くと、東京のFWが前線からチェックして行けば良かったんじゃねえの? と思われてしまうかもしれない。だが、このクソ暑い季節、最後列で隆三あたりとパス交換してる戸田に向かって走り込んで、所謂「FWからの守備」なんかを要求するのも酷だ。実際、そう何度もしてらんないだろ。

オレの“素人eye”では、今日は戸田の組み立てに東京がリズムを崩されたのがデカかったってゆーのが結論だな。ま、その戸田は、後半はちょっと目立たなくなってたけど。

繰り返すが、エスパルスはホント良かったと思う。北嶋は目立たないもののきっちりポストプレイをしてるし、アラウージョはトリッキーだし。ここ数年の雌伏の時を経て、石崎さんの指導のもと、エスパルスは久々にリーグ戦上位に顔を出してくるんじゃねえかな。

おっと。オレの東京の話も少々。

途中出場の阿部が良かった。ゴール決めてくれたし。文丈も前に走り込んでくるし。馬場は意表突き過ぎ。ヒールパスとか、決まれば効果的なんだろうけど、もう少し周りの動きを把握してやってくんねえかな、あの手のトリッキーなプレイは。ケリーは、まだ呼吸が合ってねえのかな。けっこーパスミスが目立った。あと、守備再編。五輪組が帰ってきたら中盤からの守備を整えてくれよ、原監督。頼むぞ。

ふ~。

これで東京は開幕連敗か。
またタイトルムリっぽいなあ。

ん~。

ま、次はダービーだ。
ダービーだけは絶対勝てよ。絶対だ。絶対勝て!

ヴェルディだけには~ 負・け・ら・れ・な~い♪
[PR]

by alouatta | 2004-08-21 23:59 | サッカー


<< 04/08/22のオレ      あ痛たたたたたた! >>